“失敗しないマネージャーには訳がある” 
人間力活用部下動かし高成果達成する
  「人間重視マネージメント法」
~「心理学的方法論EQ」「人間力醸成・診断」
  &「無料コンサル権利付き」~  【WEB受講・ZOOMセミナー】

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
人間重視とは?人を活かす仕組考案法,人間力醸成法,品質保証(監査・検証)・ヒューマンエラー防止の仕組,アサーション,EQ等の心理学的方法論など,豊富な経験をもとに,具体的かつ実践的に分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表 関 弘充 先生 
元 富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ&上級教育士(工学)
日時
2022/5/27(金)10:00〜17:00
会場

WEB受講のみとなります

会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表 関 弘充 先生 
元 富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ&上級教育士(工学)
日時
2022/5/27(金)10:00〜17:00
会場

WEB受講のみとなります

会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB受講のみへ変更となりました
※*本セミナーは、Zoomシステム利用によるオンライン配信となります。

受講対象
開発・設計・製造&研究・企画部門・人事&教育&サービス部門・品質保証・保全・運用・運転部門、事務・サービス部門等、多分野のスタッフ&リーダ・マネージャー、経営層、組織改革推進者等(業種を問いません)。
リーダ的な位置でご活躍中の方あるいは、これからリーダシップを身に着けたい方。


予備知識
特に必要なし


習得知識
1)「人間重視のマネージメント法」
2)「部下を活かし動かす心理学的方法論(アサーション、EQ等)」
3)「人間力醸成法」
4)「部下を活かし動かす組織活動の仕組考案法」(品質保証&ヒューマンエラー防止)
5)「会社人生を豊かにする『気楽な発想法』」など


講師の言葉
 企業経営においては、世の中に貢献できる『わくわく』感ある製品やサービスを社員、一人ひとりが生み出すことが出来るかが企業戦略の要になってきてます。しかし、マネージメント問題に起因するプロジェクトの失敗が日夜、現場で発生しており、企業経営が脅かされ続けています。
 その一方で、どのようなプロジェクトを担当しても、失敗しないマネージャーがいます。彼は、「人間力の醸成と発揮」を基盤に、「部下を活かし動かす『人間重視のマネージメント』を実践」することにより、「強いワンチーム(ONE TEAM)」の形成に成功していたのです。正に「失敗しないマネージャーには訳があったのです」。
 本セミナーでは、「人間重視のマネージメント」について、従来の「効率重視型マネージメント」から「人間重視型マネージメント」に転換する具体的な方法として「アサーション&コーチング、EQ等の心理学的方法論」(注1)や独自に考案した「人間力醸成診断」、「人を活かす組織活動の仕組考案のコツ」を登場させます。セミナー内容を部下指導等マネージメントに役立てていただくと共に、内容の一部を社内教育・研修にそのままご活用いただけます。
 (注1)アサーション(心理学的なコミュニケーションパターンの一つ)、EQ(Emotional Intelligence Quotient ):心の知能指数(多くの心理学者が提唱)。

プログラム

第1章 「人間重視のマネージメント」&「リーダに必要な資質」
 1.「会社人生の選択」と「価値観の認識」
 2.リーダシップのパターンと人間重視型リーダシップ
 3.「部下を活かし動かすマネージャー&リーダー」の因子

第2章 「わくわく」感と人間力醸成の構図
 1.人間重視の組織活動
 2.「わくわく」感を生み出す「人間力醸成の構図」

第3章 人間関係の向上と「部下指導」
 3.1 部下との関係を向上させるアサーション
  1.演習1:「上司と部下の人間関係」
  2.「アサーション」と人間関係の向上
  3.人間力が足りないとどうなる?
 3.2 部下の潜在能力を発揮させるコーチング
  1.演習2:リーダシップのチェック 
  2.メンタリングとコーチング
  3.「心理学的な知恵」とリーダシップ

第4章 部下を活かす「人間力醸成&EQリーダシップ」
 1.「部下が離れていくマネージャー&リーダ」
 2.「モチベーション・キラー」と「EQリーダシップ」
 3.「EQ」と 「人間力醸成」

第5章 「頼られる上司になるためのEQワークショップ」
 5.1 [感情の識別]:「自分の感情を知る力」
 5.2 [感情の制御1]:「感情を制御する力」
 5.3 [感情の制御2]:「目標に向かう力」
 5.4 [感情の理解]:「他人の感情を理解する力」
 5.5 [感情の利用]:「人間関係を処理する力」

第6章 「人間力醸成診断・解説」
 1.演習3:「人間力醸成」自己診断 
 2.演習4:「診断結果&解説」 
 3.「人間力醸成の早道」

第7章 部下を活かし動かす「人間重視の組織活動の考案・展開」
 7.1「部下を活かし動かす品質保証の仕組」
  1.「人間重視型思考パターン」 
  2.「人を活かし動かす社内監査」の仕組事例
  3.マネージメントの仕組考案(品質保証)の勘所
 7.2 「部下を活かし動かすヒューマンエラー防止の仕組」
  1.「ヒューマンエラー防止」と「リスク管理」
  2.人を動かす「リスク管理」の仕組事例
  3.マネージメントの仕組考案(リスク管理)の勘所

第8章 会社人生を成功させる価値観&発想法
 8.1「会社人生における成功とは」
 8.2「会社人生成功のコツ」と「気楽な発想法」 
 8.3「人間力醸成のコツ」

第9章 まとめ&質問


講師紹介
略歴
成蹊大学工学部経営工学科を卒業し富士通(株)入社。
品質検査部門、教育訓練部門を経てシステム開発部門において各種のシステム開発マネージメントに関わる(途上、未来工学研究所主任研究員)。
近年、品質問題を抱える本部組織の品質改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、SI分野で日本初の CMM®レベル5を達成、社長賞を受賞。
定年後も続投し、同社人材開発部門で「わくわく」元気塾&品質改善講座を開講。多くのマネージャー&品質改善プロフェッショナルを育成。
2011年、富士通を退職。
その後、「人間力醸成」を基盤にした各種セミナー・講演・企業研修等、3万人以上の方々への指導を行ってきている。
(注)CMM:世界的に著名な改善モデル Capability Maturity Model and CMM are registered in the U.S. Patent and Trademark Office.