注射剤異物問題解決のための
注射剤異物検査方法基準設定及び異物低減方法
~限度見本の設定,判定基準と検査員の指導および異物低減~
【WEB受講可能】

注射剤の不溶性異物/不溶性微粒子試験方法,全数目視選別の方法,
異物混入の主な原因,異物低減の改善事例,海外製造所の改善事例紹介など
について,豊富な経験をもとに具体事例をあげ分かりやすく解説する当別セミナー!!
講師
株式会社ミノファーゲン製薬 顧問  脇坂 盛雄 先生 
 エーザイ(株)の品質管理/品質保証に30年勤務を経て現在に至る。他2社の顧問を兼務。
日時
2021/3/12(金)10:00〜16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
株式会社ミノファーゲン製薬 顧問  脇坂 盛雄 先生 
 エーザイ(株)の品質管理/品質保証に30年勤務を経て現在に至る。他2社の顧問を兼務。
日時
2021/3/12(金)10:00〜16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
 会場・WEB

習得知識
 1)注射剤の不溶性異物/不溶性微粒子試験方法
 2)全数目視選別の方法
 3)異物混入の主な原因
 4)異物低減の改善事例
 5)海外製造所の改善事例紹介

講師の言葉
 注射剤の製品回収が多くなる原因の一つは異物混入です。特に海外において製造された
製品は回収のリスクが高くなります。日本においてもいまだにガラス異物等による製品
回収が時々報告されています。これらの製品回収は防げます。
 本セミナーでは、異物低減の対策事例を紹介します。また、異物低減を行うためには、
異物検査の評価方法を確実にすることが必須であり、QCの検査方法と製造での全数目視
選別の方法を紹介します。
 さらに、目視検査では観察機を使った方法についても紹介します。人による検査は官能
検査であり、訓練と認定が重要になります。その方法についても説明します。また、
異物の非破壊での形状測定と取り出して同定する方法についても紹介します。
 一方、海外製造所においては、日本で問題とされる異物が問題視されません。また、
「異物を削減してください」と伝えるだけでは改善されないばかりか、そもそも問題だと
の認識もなく、かつ異物低減のノウハウも持っていません。そういう状況でどのように
実際に異物低減を行って改善したかの多数の事例とノウハウを紹介します。

プログラム

1.注射剤の異物対策の難しさ
 1) 欧米の異物検査と日本薬局方の異物検査の違い
 2) たやすく/明らかに検出できる異物の大きさとは(17局の改訂)
 3) 官能検査の観点から検査員のバラツキと評価
 4) なぜ、海外の製造所では注射剤の異物が問題にならないか
 5) 異物による製品(海外製造所/国内販売品)回収
 6) 異物検出の確率と母不良率との関係
 7) 自動異物検査機検出力と目視検出力との関係
 8) 不溶性異物/微粒子への健康への影響

2.注射剤の異物検査
 1) 不溶性異物
   ・非破壊による異物のサイズ/形状測定
   ・限度見本の設定
      標準見本/限度内見本/限度外見本の違い
      標準粒子と実際の異物を用いる場合の違い
      官能検査の手法による標準見本の設定
   ・QC試験方法
      目視による方法(観察方法と観察時間)
      目視で見える異物の大きさ(時間と明るさ)
      観察機を用いる方法
      判定基準(n数と欠点数Cの設定)
      凍結乾燥製品(ゴム栓)の溶解
      凍結乾燥製品(アンプル)の溶解(ホールバーニング)
   ・検査者の評価/訓練/認定
      αとβの誤りの両面から
   ・製造の目視による全数選別
      凍結乾燥製剤
      溶液
    ・バック製剤の不溶性異物検査(製造とQC)
    ・最新の全数検査機の特徴
    ・SOPに違反した不溶性異物試験の実施
 2) 不溶性微粒子
    ・ろ過試験方法
    ・光遮蔽(HIAC)測定方法
    ・観察機を用いる方法
 3) 異物の同定方法
   ・異物の取り出す時の注意事項
   ・顕微鏡FTIRの特徴と測定結果の解釈
   ・電子顕微鏡X線マイクロアナライザーの特徴と測定方法/解釈

3.改善/指導事例
 1) 繊維低減(輸液剤など)
 2) アンプル成形時の異物対策
 3) グラスファイバー混入改善
 4) フレークス発生原因とその改善
 5) 処方成分によるフレークスの発生(リン酸塩)
 6) 不溶性微粒子の改善Ⅰ(シリコン塗布ゴム栓、シリンジ)
 7) 不溶性微粒子の改善Ⅱ(輸液の経年での増加)
 8) 導入品の異物低減(プラスチックアンプル)
 9) 不溶性異物の経年での増加(原薬の出発物質の変更)
 10) 資材からの影響(ポリ袋)
 11) 高額な製品の異物対策(ガラス溶着している異物の除去)
 12) 開発段階の取組みⅠ(海外製造品 イタリア編)
 13) 開発段階の取組みⅡ(海外製造品 米国編)
 14) 開発段階の取組みⅢ(海外製造品 ベルギー編)
 15) 間違った改善事例の取組み(委託先との協同)
 16)粉末充填品(海外製造)の不溶性異物試験不適合時の対策方法
 17)ガラス異物対策

4.海外製造所の異物低減の指導方法
 1) 開発段階品の評価(製造品と安定性試験品)
 2) 海外製造所への訪問
 3) 現状の理解
 4) 協力の取付け

5.注射剤の異物の変更管理時の注意事項
 1) 原薬の製造方法変更
 2) 直接容器の変更
 3) 製造方法の変更

6.注射剤の異物苦情を受けた時の対応
 1) どの段階で異物を認めたか
 2) コアリング
 3) 異物の同定
 4) 広がりの調査
 5) 製品回収の有無の判断

7.まとめ
 1) 異物のモニターとして異物検査
 2) 注射剤の異物に対する正しい知識の重要性
 3) 正しく評価すれば、必ず異物は低減可能(QCによる客観的なデータ提供)

8.人が創る品質