実装不具合を防ぐための
はんだ付け用フラックス実装不良原因対策
【WEB受講(Zoomセミナー)

フラックスの役割,不具合原因・特徴,不具合対策,信頼性にフラックスが影響するポイントについて,事例を踏まえ分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
株式会社クオルテック 実装技術課 高橋  政典  先生
元 ハリマ化成(株)
日時
2022/8/24(水)10:00〜17:00
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
株式会社クオルテック 実装技術課 高橋  政典  先生
元 ハリマ化成(株)
日時
2022/8/24(水)10:00〜17:00
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB受講のみ
 ※本セミナーは、Zoomシステムを利用したオンライン配信となります。


受講対象
はんだ実装に関わっている方


予備知識
はんだ実装に関わっている方であれば特に必要ありません


習得知識
1)フラックスの意味と役割
2)フラックスが信頼性に影響する理由
3)実装不良の原因とその対策 など


講師の言葉
 実装不具合には、同じ現象で原因が異なる場合も数多く見受けられます。原因が違えば対策も異なります。真因を特定する可能性を高めるためには、不具合の発生場所,周辺状況,大きさ,形などを良く見て、そこから推測できなければいけません。
 本セミナーでは、ある不具合の考えられる原因を列挙し、その特徴を紹介します。そして、その理解のためには、フラックスの役割を知っておく事が必要です。フラックスの解説は、わかり難いものが多いと感じています。
 不具合対策や信頼性にフラックスが影響するポイントを抽出し、理解しやすい内容で紹介しております。本セミナーが、実装不具合や信頼性対策の一助となれば幸いです。

プログラム

1.はんだ付け用フラックスの意義と役割 
  (1)はんだ付けの基礎
  (2)フラックスの役割
  (3)フラックス成分の概要

2.フラックスの各成分
  (1)樹脂 (2)活性剤 (3)溶剤 (4)チキソ剤

3.フラックス成分から考える接合部の信頼性

4.フラックス成分,構成を理解することで対応できる不具合

5.実装工程で発生する不具合種類の割合

6.実装不具合の発生原因と対策
 (1)基板要因
  a.水溶性プリフラックス(OSP)
  b.無電解Ni/Auめっき(腐食、P濃化、NiのAu表面露出)
  C.はんだレベラー   
 (2)はんだボール
  a.フラックス内の微小ボール  b.フラックス内の大ボール
  c.フラックス外に残存するはんだボール
 (3)チップ立ち
  a.ぬれ性のばらつきが及ぼす影響 b.ぬれ性の良さが及ぼす影響
  c.パッド設計と部品仕様
 (4)はんだ溶融不良
  a.熱不足  b.プロファイルの不適
 (5)ボイド
  ・加熱X線による動画観察
  ・ボイド検出(AIを利用したX線像からのボイド検出ソフト)
  a.ボイドが無くならない理由 b.温度プロファイルから考えるボイド改善
  c.はんだぬれ性の影響
 (6)はんだ付け不良

7.よくあるご質問について
 ・最適温度プロファイル
 ・ひけ巣とクラック
 ・はんだ付けの良悪
 ・金属間化合物層の厚さ
 ・はんだの結晶(結晶方位,Sn初晶)

8.ソルダーペーストの連続印刷性
  a.連続印刷時の不具合増加  b.連続印刷性の評価方法

9.新規測定手法
 高/低温時の反り・変形測定(プロジェクションモアレ方式)
 深層学習を利用したボイド率検出(他に合金層厚、Sn初晶分散、クラック率)
 深層学習を利用した非破壊はんだクラック三次元測定手法

10.はんだ付け部の信頼性(簡単に概要説明)
 ・はんだクラック
 ・エレクトロケミカルマイグレーション(イオンマイグレーション)
 ・エレクトロマイグレーション
 ・合金層成長による割れ
 ・サーモマイグレーション

質疑・応答


講師紹介
略歴
昭和61年ハリマ化成(株)
・変性ロジン等 フラックス,接着剤用樹脂の開発
・ソルダーペースト,フラックスなど はんだ材料の開発
・はんだバンプ形成などの材料系工法開発
平成16年(株)クオルテックに参加
・はんだ付け部の不良解析,分析
・はんだ付け材料評価
・はんだ付け部の信頼性試験
・接合部の画像解析
・受託研究
 ボイド発生メカニズム研究,新規バンプ工法開発,エレクトロマイグレーション,
 高温領域でのはんだ付け信頼性,ペースト増粘メカニズムの研究, など