実務で活用するための
革新的新商品、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法
【WEB受講(Zoomセミナー)】*ライブ配信のみ

アイデアの出し方,考え方,アイデアの評価,選択法,アイデアの具現化豊富な演習を交え、実践的に解説する特別セミナー!!
講師
ジャパン・リサーチ・ラボ   代表 博士(工学) 奥村 治樹 先生
東レ、パナソニック等にて材料開発・開発マネジメント業務を経て現在に至る
日時
2022/7/25(月)10:30〜16:30
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
ジャパン・リサーチ・ラボ   代表 博士(工学) 奥村 治樹 先生
東レ、パナソニック等にて材料開発・開発マネジメント業務を経て現在に至る
日時
2022/7/25(月)10:30〜16:30
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB受講のみ
 ※本セミナーは、Zoomシステムを利用したオンライン配信となります。
    当日のLive配信のみ、録画視聴はありません。

受講対象
・R&D等の開発部門の方
・問題解決、改善等を行う必要がある方
・戦略策定、企画等を行う方
・部下、後輩等の指導を行う方
・若手、中堅、マネジメント層 
 など


予備知識



習得知識
・アイデアの出し方、考え方
・アイデアの評価、選択法
・アイデアの具現化
 など


講師の言葉
 新商品開発などの研究開発はもちろん、企画や制度改革などあらゆる業務において、アイデア創出は全ての基本となります。良いアイデアが創出されてこそ、目的が達成されて、期待される効果を得ることができます。しかし、現実にはアイデア出しの教育などは誰も受けておらず、アイデアと思い付きの違いすらも区別されないまま実務が行われています。良質で良いアイデアと何か、そのようなアイデアを生み出すためにはどのようなプロセスを用いるべきなのか、誰も理解しないまま、思い付きで物事が進んでいます。また、アイデア創出だけでなく、出てきたアイデアの吟味、評価も同様です。しかし、アイデア創出、アイデア評価には様々なテクニックがノウハウが存在します。
そこで、本講座では良質な良いアイデアを創出からアイデアの評価、選択、具現化まで様々なテクニックやノウハウを伝授するとともに、豊富な演習によって修得、実務での活用を実現します。

プログラム

1 【アイデア創出の基本(事業・技術)】
1.1 アイデアとは何か
1.2 演習
1.3 アイデア創出プロセス①
1.4 アイデア出しの基本
1.5 アイデア展開のパターン
1.6 展開・拡張の例
1.7 強み伝い
1.8 必要な要素
1.9 シーズか、ニーズか

2 【アイデアの生み出し方】
2.1 アイデア生産の5ステップ
2.2 アイデア生産の実際
2.3 アイデア創出の「とっかかり」
2.4 俯瞰視点と仰望視点
2.5 コアコンピタンス
2.6 未来予想
2.7 演習
2.8 アイデアの源泉
2.9 アイデアの基盤
2.10 ヒラメキの種
2.11 無意識の可視化
2.12 「三上」、「3B」
2.13 そして、アイデアの母
2.14 他人のアイデア
2.15 アイデアの整理
2.16 構造化
2.17 分解、結合
2.18 独立性と相関性
2.19 コスト問題
2.20 具体的現実化
2.21 演習
2.22 質と量
2.23 同質化の罠

3 【アイデア創出の具体的方法、テクニック】
3.1 思考のポイント
3.2 代表的図式化
3.3 本当のフレームワーク
3.4 If then思考
3.5 構成要素で考える
3.6 演習
3.7 要素分解
3.8 演習
3.9 様々なアイデア発想法
3.10 アイデア創出プロセス
3.11 ブレーンストーミング
3.12 発散・収束と思考の幅
3.13 ブレストのポイント
3.14 ファシリテーターの役割
3.15 ブレインライティング
3.16 6カラーハット
3.17 止まったら
3.18 思考の拡張
3.19 演習
3.20 SCAMPER法
3.21 マンダラート
3.22 演習
3.23 トライアングルメソッド
3.24 演習
3.25 欠点・希望点列挙法
3.26 演習
3.27 属性列挙法
3.28 Input/Output法
3.29 マトリクス法
3.30 抽象化と具体化
3.31 情報・思考の階層
3.32 創造、拡張
3.33 演習
3.34 Fast Idea Generator
3.35 フェニックスのチェックリスト
3.36 生み出すフロー
3.37 ロジック、要素と逆走思考
3.38 反対視点
3.39 逆説的思考
3.40 演習
3.41 概算力
3.42 演習
3.43 評価からの発想

4 【イノベーションを生み出す】
4.1 3つの変革
4.2 イノベーションとは
4.3 イノベーションを生む発想と行動
4.4 イノベーションで新事業を産むためには
4.5 演習
4.6 新規性と進歩性
4.7 成功の因子
4.8 成功の因子

5 【目的と目標】
5.1 アイデアのフレーム
5.2 NGパターン
5.3 フレーム
5.4 アイデア出しにおいては

6 【情報の取り扱い】
6.1 情報収集の考え方
6.2 Fact v.s. 主観、予想
6.3 2種類の事実

7 【アイデアの評価】
7.1 多面視点

8 認知バイアスの罠

9 【意思決定論:アイデアの選択】
9.1 意思決定の基盤
9.2 意思決定の3条件
9.3 Actionへのプロセス
9.4 意思決定の要素
9.5 意思決定の項目
9.6 意思決定指標
9.7 意思決定における個人と集団
9.8 集団の弊害

10 【アイデア評価と選択のための意思決定プロセス】
10.1 アイデアの選択
10.2 選択プロセス設計
10.3 アイデア評価の基準
10.4 アイデア評価の基準
10.5 ランキング
10.6 オプションの選択
10.7 アイデアの評価
10.8 実現性
10.9 選択プロセス

11 【注意点、ポイント】
11.1 あれも、これも?
11.2 「新しい」の落とし穴
11.3 思い付きとアイデア

12 【まとめ】

13 質疑・応答


講師紹介
略歴
大手分析メーカーにて、表面分析、分光分析を中心に、各種工業材料、半導体の表面、界面の
研究開発支援業務に従事しながら、国内外機関と、有機EL材料、半導体リソグラフィープロセス、
塗料・コーティング、接着剤などの分野共同研究を行った。
その後、大手電機メーカーに引き抜かれ、ハイブリッド材料、ナノ粒子などの開発を行った。
 現在は、ジャパン・リサーチ・ラボ代表として、総合技術コンサルティング、人材育成、
調査・企画、講演・執筆などを行っている。
大阪大学 工学部 招聘研究員,大阪産業大学 情報システム学科 非常勤講師,大阪市産業創造館 
技術・経営相談員を兼務している。