現場に戻ってすぐに役に立つ具体的なテクニックを学ぶ
エマルション調製最新技術商品への応用展開
~多相エマルション・ピッカリングエマルションの化粧品・医薬品・食品・化学品分野での実用化~【WEB受講(Zoomセミナー)】

エマルションの調製法,多相エマルションの機能,ピッカリングエマルションの相挙動・特性,化粧品・食品・医薬品・化学品分野での実用例について,実践的に分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
山形大学大学院 理工学研究科 バイオ化学工学分野 教授 工学博士 野々村 美宗 先生
花王(株)主任研究員を経て現職。 NHK番組「チコちゃんに叱られる」において「しっとり感」を解説。
日時
2022/1/21(金)10:00〜16:30
会場

*本セミナーは、WEB受講のみとなります。

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
山形大学大学院 理工学研究科 バイオ化学工学分野 教授 工学博士 野々村 美宗 先生
花王(株)主任研究員を経て現職。 NHK番組「チコちゃんに叱られる」において「しっとり感」を解説。
日時
2022/1/21(金)10:00〜16:30
会場

*本セミナーは、WEB受講のみとなります。

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB受講のみ
*本セミナーは、Zoomシステム利用によるオンライン配信となります。

受講対象
特に制限はありません

予備知識
特に必要ありません

習得知識
1)エマルションの調製法
2)多相エマルションの機能
3)ピッカリングエマルションの相挙動と特性
4)化粧品・食品・医薬品・化学品分野での実用例 など

講師の言葉
 本講座では、エマルションを調製する上で最も大切な界面活性剤の選び方や添加剤の効果について講義します。特に、最近新しい調製技術が開発され、化粧品・食品から医薬品・材料開発まで幅広い分野で実用化が進みつつあるマルチプルエマルション(多相エマルション)と粉体で安定化されたピッカリングエマルションについて最新の情報を紹介します。
 まず、エマルションの特性と界面活性剤の選び方の一般則について概説した上で、商品開発の現場で行われているエマルションの安定化のテクニックを紹介します。クリーミングや合一を防止するための処方例や転相乳化法・液晶乳化法などのより微細なエマルション滴を調製するために開発されたテクニックや油滴の大きさをコントロール可能で安定性に優れた多相エマルションを調製するうえで有用なマイクロチャンネルを用いた乳化法についても学びます。
 さらに、ピッカリングエマルションの相挙動や調製法のポイントについても紹介します。最後に、これらの技術が化粧品・食品・医薬品などの分野でどのように利用されつつあるか、実例を紹介します。これらの知識は化粧品や医薬品、食品の商品設計だけでなく、その原料を開発する上でも有用です。次の日に現場に戻ってすぐに役に立つよう、具体的なテクニックをたくさん紹介していきますので、ぜひ受講ください。

プログラム

1. エマルション・マルチプルエマルションとは

2. 界面活性剤とは
・界面活性剤の定義と種類 
・界面活性剤の機能と応用例

3. どうやってエマルションの保存安定性を高めているの?
・クリーミングと合一の防ぎ方 
・αゲル乳化法
・粘土鉱物乳化法
・保存安定性の評価法

4. どうやって微細なエマルション滴を調製しているの?
・転相乳化法    
・転相温度乳化法(PIT 乳化法)
・D相乳化法    
・液晶乳化法

5. マルチプルエマルションの作り方
・二段階乳化法   
・転相乳化法
・マイクロチャンネル乳化法

6. マルチプルエマルションの応用
・カロリーオフタイプマヨネーズへの展開例
・皮膚外用剤への展開例
・医薬品への応用展開
・マイクロリアクター材料開発への応用展開

7. 粉体で安定化されたピッカリングエマルションの生成メカニズムと相挙動
・エマルション
・泡 
・リキッドマーブル・ドライウオーター
・バイコンティニュアス構造

8.ピッカリングエマルションの作り方と安定化
・ミキサーの選び方とマイクロデバイスの作り方
・安定化のための粉と油の選び方
・高分子の添加・液滴のゲル化による安定化

9.ピッカリングエマルションの応用例
・食品への応用
・化粧品への応用
・医薬品への応用
・マイクロリアクターへの応用

質疑・応答


講師紹介
1996年   慶應義塾大学 大学院 後期博士課程 修了
1996年   花王株式会社 入社
       11年間メイクアップ化粧料、皮膚洗浄料の商品開発を担当
      元 花王株式会社 主任研究員
2007年5月 山形大学 大学院理工学研究科 バイオ化学工学専攻 准教授
2017年4月 山形大学 大学院理工学研究科 バイオ化学工学専攻 教授
学会等
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 幹事
日本油化学会 関東支部 副支部長
日本物理学会
化学工学会
日本化粧品技術者会
日本香粧品学会
色材協会
著書
『化粧品・医薬部外品・医薬品のための界面化学』 (フレグランスジャーナル社)