幾何公差の基礎基礎を習得!!
【入門講座】
幾何公差方式全容理解できる
ISO規格対応した幾何公差使い方表し方
      【会場/WEB選択可】

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
現在の機械製図規則の概要,サイズ公差の基礎知識,幾何公差の基礎知識幾何公差に関する最新ISO規格について,豊富な経験に基づき詳しく解説する特別セミナー!!
講師
想図研  代表 小池 忠男 先生  
MSTC計測技術検討委員会委員
元 リコー(株)
日時
2022/8/4(木)13:00〜16:30
会場
TH企画 セミナールームA
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:38,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:33,000円
講師
想図研  代表 小池 忠男 先生  
MSTC計測技術検討委員会委員
元 リコー(株)
日時
2022/8/4(木)13:00〜16:30
会場
TH企画 セミナールームA
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:38,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:33,000円
受講形式
会場・WEB


受講対象
・機械図面を作成する設計者
・機械図面を見て製造、検査に携わる技術者
・社内での機械製図規則作成・制定に携わる技術者


予備知識
「機械製図規則」全般
JIS B 0001:2019「機械製図」


習得知識
1)現在の「機械製図規則」の概要
2)「サイズ公差」についての基礎知識
3)「幾何公差」についての基礎知識
4)「幾何公差」に関する最新ISO規格
*講師著書
「サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方」(日刊工業新聞社)
を受講者に無料配布させていただきます。


講師の言葉  
 今までの日本の機械図面では、もはや海外(特に欧米)では通用しません。その最大の理由は、「部品形状の表し方」にあります。今までの図面では、部品のあるべき「形状」について、「寸法」と「寸法公差」を用いた様々な指示によって表現してきました。  
 しかし、いまや従来の「寸法」は、「サイズ」と「距離」とに大きく分けられ、「サイズ」に関しては「サイズ公差」で、「距離」に関しては「幾何公差」を使って、図面で明確に指示しなければなりません。  今後は、主に「幾何公差を用いた機械図面」になることは必至ですが、その基になるISO規格もここ数年、多くが改定されています。しかし、残念なことに現在のJIS規格はこれにほとんど対応できていません。  
 そこで、このセミナーの初級者向けでは、日本の設計者の多くが抱いている疑問、「なぜいま幾何公差を用いた機械図面にしなければならないのか」に丁寧に答えながら、「幾何公差」の重要性をしっかり理解してもらい、それを用いるための基礎事項を習得してもらいます。 

プログラム

1.幾何公差の基礎知識
  1.1 幾何公差を用いる意義
  1.2 幾何公差の種類
  1.3 用語と定義、記号と意味
  1.4 データムの理解と指示方法

2.幾何公差の指示方法とその解釈
  2.1 形状公差(真直度、平面度、真円度、円筒度)の指示方法と解釈
  2.2 姿勢公差(平行度、直角度、傾斜度)の指示方法と解釈
  2.3 位置公差(位置度、同心度、同軸度、対称度)の指示方法と解釈
  2.4 輪郭度(線の輪郭度、面の輪郭度)の指示方法と解釈
  2.5 振れ公差(円周振れ、全振れ)の指示方法と解釈

3. 演習問題

質疑・応答


講師紹介
略歴
1973年 大学院修士課程を修了し、㈱リコーに入社。
20年以上にわたり複写機の開発・設計に従事し、その後、3D CADによる設計プロセス改革の提案と推進、および社内技術標準の作成と制定・改定に携わる。
社内技術研修の設計製図講師、TRIZ講師などを10年以上務め、2010年に退社。
ISO/JIS規格にもとづく機械設計製図、およびTRIZを活用したアイデア発想法に関する、教育とコンサルティングを行う「想図研」を設立し、代表。現在、企業への幾何公差主体の機械図面づくりに関する技術指導、幾何公差に関する研修会、講演等の講師活動を行っている。
著書
『幾何公差 見る見るワカル 演習100』、『幾何公差の使い方・表し方 第2版』、『わかる!使える!製図入門』、『“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方』、『はじめよう!カンタンTRIZ』 等。