ライバル製品に勝つための具体的ノウハウを伝授!!
競合機分析から攻める設計への必勝法 
~設計守備から攻撃変える競合機徹底分析方法~【WEB受講(Zoomセミナー)

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
日本人設計者の弱点を明らかにし,設計マネジメントの実務・要点,競合機分析・攻撃的設計戦略の具体的な進め方について,分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
國井技術士設計事務所 所長 國井 良昌 先生
日立 及び、富士ゼロックスで設計業務に携わり、設計プロセス改革や設計審査長を経て現在に至る
日時
2022/7/19(火)10:00〜17:00
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
國井技術士設計事務所 所長 國井 良昌 先生
日立 及び、富士ゼロックスで設計業務に携わり、設計プロセス改革や設計審査長を経て現在に至る
日時
2022/7/19(火)10:00〜17:00
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB受講のみ
*本セミナーは、Zoomシステム使用したオンライン配信(録画視聴無し)となります。  
*セミナー内容を、確実に実践に活かしていただけるよう復習ツールを講師からご提供します。
 また、受講後も、講師への質問をお受け致します。

受講対象 
企業の研究、企画、開発、設計、生産技術関連の中堅技術者 同、技術系管理職、技術系役員、経営者 企業の技術教育部門  


予備知識 
特に必要ありません。  


習得知識 
競合相手の分析方法 
1)設計書の競合機分析 
2)FMEAの競合機分析 
3)コストの競合機分析 など
演習を交え、実務に活かせるノウハウを伝授します。

進呈
講師著書「ライバルを打ち負かす設計指南書『攻めの設計戦略』(日経 BP 社刊)」を進呈します。メインテキストとして使用します。










講師の言葉
 「競合他社より一刻も早い商品開発が市場を席巻する」とジャーナリストや経済学者がいとも簡単に言っています。確かにその通りでしょう。
 しかし、資金力や開発力が十分ではない多くの企業においては、2番手や後発でいくしかない場合もあります。開発競争は、柔道やボクシングの戦いと同じです。勝つためには、徹底的に競争相手を分析します。徹底分析は、下位の者を優勝者へと導きます。そして、研究、設計、生産技術も同じです。実は、過去において一番手やオンリーワンが長続きした例は多くはありません。軍需産業を代表に、徹底分析できる立場の後発の方が圧倒的に有利なのです。
 本講座は、徹底した競合機分析のやり方から、攻めの設計を施し、市場のチャンピオンに戦いを挑むよう導きます。

プログラム

第1章 競合機分析とは 
1-1.先発よりも後発有利の原則 
1-2.日本企業の○×式評価による競合機分析では勝てない! 
1-3.これが勝つための競合機分析のフローだ! 

第2章 競合機分析:設計書編 
2-1.競合機分析力は設計力と同等以上が必要 
2-2.灯油ポンプを競合機分析する 
2-3.おもちゃの電車を競合機分析する 
2-4.かすれないボールペンを競合機分析する 
2-4.競合機分析とは設計思想を見抜くこと 
第3章 競合機分析:FMEA編 
3-1.FMEAとは 
3-2.守備のFMEAを攻めのツールに転ずるプロの技 
3-3.人気の鉛筆削り器をFMEAで競合機分析 
3-4.FMEAから弱点のランキング分析を獲得する 
第4章 競合機分析:コスト編 
4-1.競合機分析とはQCDPaを分析すること 
4-2.超低コスト化分析ツールのコストバランス法とは 
4-3.コスト分析から「コア技術」と「非コア技術」を分析 
4-4.コスト分析から、技術的弱点を見出す 
 
第5章 競合機分析:ミニ実習 
5-1.デジカメの競合機分析を実施する 
5-2.カタログから企画を逆分析する 
5-3.カタログから設計思想を逆分析する 

講師紹介
略歴
横浜国立大学・工学部・機械工学科卒。
日立、及び、富士ゼロックスの高速レーザープリンタの設計に従事。
富士ゼロックスでは、設計プロセス改革や設計審査長も務めた。
1999年より、國井技術士設計事務所として、設計コンサルタント、セミナー講師、大学非常勤講師として活動中。
所属学会等
公益社団法人 日本技術士会・機械部会
公益社団法人 日本技術士会・埼玉県技術士会
横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師
首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師
山梨大学工学部 非常勤講師
山梨県工業技術センター 客員研究員
高度職業能力開発促進センター運営協議会 専門部会委員
書籍
・加工知識と設計見積り力で『即戦力』
・ついてきなぁ!『設計書ワザ』で勝負する技術者となれ!
・ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!
 (いずれも日刊工業新聞社)など多数