リスクを回避するための
バッチ化学合成プロセススケールアップトラブル対策【WEB/会場選択可】

化学工学理論(熱伝導、ろ過、撹拌、抽出、乾燥),スケールアップ製造条件・設備の設計,溶媒の選択法,溶媒回収プロセス,プラントの安全性保持技術,トラブル例・対策について,事例を踏まえ分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
アンリ・コンサルティング 代表 薬学博士 森川 安理 先生
元 旭化成(株)医薬原薬製造工場の工場長を経て現在に至る
日時
2022/7/8(金)10:00〜16:30
会場
TH企画 セミナールームB
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
アンリ・コンサルティング 代表 薬学博士 森川 安理 先生
元 旭化成(株)医薬原薬製造工場の工場長を経て現在に至る
日時
2022/7/8(金)10:00〜16:30
会場
TH企画 セミナールームB
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
WEB・会場


受講対象
化合物をバッチプロセスによってスケールアップ製造しようとしている技術者。
業種は電子材料等ファインケミカル製品製造業(無機製品も可)、医薬原薬および中間体製造業。


予備知識
これからスケールアップを行う化合物の合成プロセスについて理解していること。
スケールアップに対して問題意識を持っていることが必要。
化学工学の知識があると理解しやすいが、化学工学を全く知らない方でも理解できるように解説する。
化学工学の基礎知識ゼロでも理解できるようにしている。


習得知識
1)スケールアップに関する初歩の化学工学理論(熱伝導、ろ過、撹拌、抽出、結晶化、乾燥)
2)化学工学理論を利用したスケールアップ製造条件および設備の設計
3)溶媒回収を考慮した溶媒の選択方法
4)再結晶プロセス設計技術
5)プラントの安全性保持技術 など


講師の言葉
 このセミナーは、これからバッチ合成プロセスのスケールアップを実施しようとしている技術者の為のものです。ラボの化学合成を、100L、5000L等の釜までスケールアップする場合、私たちは様々なトラブルに見舞われます。本来有機化学、無機化学反応自身は、スケールアップをしても本質的に変わるところはありません。しかし温度コントロールや結晶化、結晶のろ過や乾燥など化学反応を伴わない物理プロセスについては、スケールが変わると本質的に異なったものになってきます。これらの物理プロセスは、化学工学理論で説明されます。
 このセミナーでは、初歩の化学工学知識を紹介することで、スケールアップ時の物理的変化を理解していただき、スケールアッププロセス設計、設備設計に生かすことができます。スケールアップすると、コスト的にまた環境負荷の問題から溶媒回収が必要になることが多いです。そこで溶媒回収について解説します。
 また、再結晶プロセスでスケールアップすると微小結晶が発生し、ろ過不能になるトラブルを抱えることがあります。微小結晶を発生させない再結晶プロセス設計について詳述したいともいます。

受講者の声
・晶析の制御やスケールアップ時の留意点をお伺いできたことが大変勉強になりました。
・濾過時のスケールアップについて知りたかったため大変参考になった。重要な点が明確になり有意義でした。
・スケールアップの基本的な式の説明から実際のトラブルその対応方法まで説明があり理解しやすい講義だった。
・大変参考になるお話でした。まだラボスケールでの実験しか行ったことが無かったので、今回セミナーを受講して、スケールアップを行う際に注意すべき点を予め学ぶことができました。今回の受講内容を今後に活かしていきたいです。
・スケールアップにおける問題点や意識する点を分かりやすく説明していただけたと思います。理解を促すように説明してくださり、バックグラウンドが少なくても理解しやすかったです。 

プログラム

1 スケールアップファクターの理論 S/V(Surface/Volume)
1.1 伝熱
1.1.1 スケールアップするとなぜ伝熱に時間がかかるのか?
1.1.2 伝熱の基礎化学工学
1.1.3 単純加熱・冷却
1.1.4 再結晶の冷却
1.1.5 反応熱除去考察
1.2 ろ過
1.2.1 スケールアップでなぜろ過不良が発生するのか?
1.2.2 ろ過の基礎化学工学
1.2.3 加圧ろ過
1.2.4 遠心ろ過

2 溶媒回収と溶媒の選択
2.1 なぜ溶媒回収が必要か
2.2 溶媒回収トラブル
2.3 溶媒回収の基礎
2.4 溶媒回収、水との分離
2.5 溶媒の選択について

3 撹拌のスケールアップ
3.1 撹拌のスケールアップはどう考えたらよいのか?
3.2 理論:先端速度、体積当たりの電力、循環回数の意味
3.3 反応、再結晶、などの撹拌を考える

4 抽出のスケールアップ
4.1 分液時間
4.2 分液不良(エマルジョン発生防止)
4.3 抽出温度
4.4 溶存酸素の影響(Pd(0)除去)

5 冷却結晶化のスケールアップ
5.1 溶解度曲線とMSZWおよび結晶化
5.2 核化と成長の理論とスケールアップ

6 ろ過と乾燥のスケールアップ
6.1 ろ過器/乾燥機の組み合わせ
6.2 乾燥プロセスの熱収支モデル

7 プラントの安全性
7.1 溶媒静電気発生
7.2 化合物爆発性
7.3 環境への負荷と規制

8 スケールアップトラブルの例 

質疑・応答


講師紹介
略歴
1975年3月  東京大学理学部化学科 卒業
1977年3月  東京大学大学院理学系研究科 有機化学専攻 卒業
1977年4月  旭化成 入社
入社後、スクリーニング化合物の合成、プロセス化学研究に一貫して従事。この間薬学博士号取得(東京大学)。その後、医薬原薬製造工場の工場長を10年経験。化学品、医薬原薬、治験薬等の生産を経験。
2009-2012年 九州保健福祉大学薬学部 非常勤講師(一般化学、生物有機化学)
2013年2月  旭化成 退社
2013年3月  個人事業主として技術コンサルタント業開始。
~現在 無機電池材料、無機電子材料、無機化学品・有機化学品、医薬品、医薬品原料等のバッチスケールアップ製造、GMP対応等のコンサルタントとして仕事している。
所属学会
日本薬学会