振動の本質を理解し,低振動設計に役立てるための
振動共振の基礎と低振動設計への応用(PC演習付き)
~高減衰設計の基本,高剛性設計の基本を含めて~

振動の基本,外力(加速力)と振動応答との関係,振動低減の本質,共振の本質,
低動化に必要な高減衰設計,高剛性設計,エクセルによる数値シミュレーションについて解説する特別セミナー!!
講師

東京電機大学 工学部 先端機械工学科 教授(工学部長)工学博士 佐藤 太一 先生

日時

2020/1/31(金) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師

東京電機大学 工学部 先端機械工学科 教授(工学部長)工学博士 佐藤 太一 先生

日時 2020/1/31(金) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講対象
 振動を習ったことがない,あるいは,振動は習ったが実際の振動現象をどのように捉えてよいか
 分からない,といった技術者全般を対象にしている.企業の研究・開発・設計・品質保証部門の技術スタッフ.
予備知識
 高等学校の物理(力学)の知識,
 大学などで機械力学(振動工学)を習っていれば望ましい
習得知識
 1)起こっている振動現象について,その発生メカニズムを推論することができる.
 2)振動の発生メカニズムに対応した適切な振動対策を具体化することができる.
持参品
 Excel搭載のノートパソコン
講師の言葉
 構造物の動的な設計や振動対策を適切に行うには,振動の「本質」を十分に理解しておく必要が
あります.
 単に,「振動の計算ができる」ということが重要ではありません.振動挙動をどのように捉え,
そして,そこで起こっている動的現象の「本質」は何かを考えられるようになることが重要です. 
 本セミナーでは,振動の基本となる一自由度振動系の自由振動,固有振動,強制振動の説明から
始めます. 
 続いて,振動現象を大きく支配する外力(加振力)について説明します.計測された変位や加速度から
外力を推定することが,振動の発生メカニズムを理解する上で必要です.実際の機器を例に挙げながら,
外力と振動応答との関係を説明します.
 また,振動系を構成する質量,ばね,減衰が振動応答にどのように影響するかを理解しておくことも,
振動対策の具体化に必要です.
 共振問題については,エネルギー的な観点から解説します.これにより,共振現象の物理的(本質的)な
理解につなげてもらいます.
 さらに,構造物の低振動化のために必要な「高減衰設計」の基本的な考え方,「高剛性設計」の基本と
なる「力の流れ」について解説します.
 なお,本セミナーでは,「動画の利用」および「エクセルによる数値シミュレーション演習」により,
振動現象を視覚的に捉えられるように講義を進めます.
 

 

 

プログラム

1.はじめに  
2.一自由度振動系【振動の基礎】    
 2-1 自由振動      
  2-1-1 運動方程式と固有振動数      
  2-1-2  粘性減衰系の挙動   
 2-2 強制振動      
  2-2-1 運動方程式      
  2-2-2  時刻歴波形と共振曲線      
  2-2-3  力による強制振動・変位による強制振動      
  2-2-4  振動の評価量

3. 振動を支配する「外力」を理解する【本質の理解】 
 3-1 外力と振動応答の関係
  3-1-1 応答から外力を「推定」する      
  3-1-2 周波数分析の観点から考える
 3-2 外力の種類と応答
  3–2-1  正弦波
  3–2-2  ひずみ波
  3–2-3  不規則波
 3-3 各種機械要素・装置における外力      
  3-3-1 軸受け      
  3–3-2  歯車      
  3–3-3  空調機など

4. 振動低減のために「何を変更・改善」すべきか【本質の理解】 
 4-1  外力を小さくすることができればよいのだが   
 4-2 ばね支配・減衰器支配・質量支配
5. 「共振」の本質を理解する【本質の理解】     
 5-1 エネルギー的な観点から見直してみる    
 5-2 外力がなす仕事とダンパによって消散されるエネルギー    
 5-3 共振は外力がもっとも効率良く仕事をなした結果起こる現象
 5-4 減衰による振動低減の物理的意味
6. 「高減衰設計」を理解する【低振動設計の理解】
 6-1 振動エネルギーをダンパに「流す」    
 6-2 固有振動モードから有効な制振方法を考える   
 6-3 板の曲げ振動を抑える制振材貼り付けの考え方

7. 「高剛性設計」を理解する【低振動設計の理解】   
 7-1 構造設計の基本となる「力の流れ」とは何か   
 7-2 「力の流れ」を読む・適用する
 7-3 リブ構造の例
講師紹介
■略歴  
1977年 新潟大学工学部精密工学科卒業  
1979年 東京工業大学大学院総合理工学研究科精密機械システム専攻修士課程修了  
1983年 東京工業大学大学院総合理工学研究科精密機械システム専攻博士課程修了 工学博士  
1983年 (株)日立製作所機械研究所  
1994年 東京電機大学理工学部 助教授  
1997年 東京電機大学理工学部 教授  
2000年 フランス国立高等精密機械工学院 客員教授(1年間)  
2007年 東京電機大学工学部 教授 現在に至る

■書籍名、発行元等
1. 振動の考え方・とらえ方(共著,オーム社)             
2. 静粛工学(共著,開発社)                       
3. エレクトロニクス機器における静音化技術(共著,ミマツデータシステム)  
4. 静音化&快音化設計技術ハンドブック(共著,科学情報出版)  
■所属学会 日本機械学会 フェロー,日本人間工学会,日本臨床バイオメカニクス学会 平成18年 4月 日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 表彰委員会 委員長 
 平成19年 4月 日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 部門長 
 平成21年 4月 日本機械学会 評議員

■褒賞等 日本塑性加工学会賞会田技術奨励賞,1997. 日本機械学会 フェロー,2005.
       日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 貢献賞,2009. 日本機械学会 教育賞,2010.