【人間力の醸成と発揮】を基盤にしたリーダシップを発揮するための

~「働き方改革」人間力の醸成と発揮を促し高成果と『わくわく』感を生み出す~  
部下を活かす「人間重視リーダシップマネージメント
-ルール強化・効率化はもう限界、「人間重視の組織的改善活動」等により人間の本質を活かそう-

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
人間重視のマネージメント,動機付け,やる気のない部下の活かし方,
部下から頼られるリーダになるためのコツ,組織活動を成功させる仕組などについて,
ミニ演習や豊富な事例を交えてわかり易く解説する特別セミナー!!
講師

ヒューマン&クオリティ・ラボ  代表 関 弘充先生
(元)富士通(株)品質保証部長 人材開発部 シニア・レクチャラ
日本初の CMM®レベル5を達成,社長賞および品質賞を受賞
富士通退職後,「人間力」に関する活動に注力,3万人以上の方々への指導実施

日時

2019/10/23(水) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師

ヒューマン&クオリティ・ラボ  代表 関 弘充先生
(元)富士通(株)品質保証部長 人材開発部 シニア・レクチャラ
日本初の CMM®レベル5を達成,社長賞および品質賞を受賞
富士通退職後,「人間力」に関する活動に注力,3万人以上の方々への指導実施

日時 2019/10/23(水) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講対象
開発・設計・製造&研究・企画部門・人事&人材育成&教育部門・品質保証・保全・運用・運転部門
事務部門等、多分野のスタッフ&マネジャー、経営層、組織改革推進者等(業種を問いません)。 

習得知識
 1)「人を活かす仕組みの考案方法」
 2)「動機付け法」
 3)「人間重視のマネージメント」
 4)「人間力醸成法」
 5)「ヒューマンエラー防止&品質改善活動等の組織活動の仕組構築法」
 6)アサーション、EQ等の心理学的方法論(注2)等。
  (注2)アサーション:心理学的なコミュニケーションパターンの一つ
 EQ(Emotional Intelligence Quotient ):心の知能指数(多くの心理学者が提唱)

講師の言葉
 「働き方改革」「イノベーション」等、新たな変革の波に企業経営が直面している現在、社員、
一人ひとりが世の中に貢献できる『わくわく』感ある製品やサービスをどのように生み出すことが
出来るかが企業戦略の要になってきています。そのためには、社員自身が『わくわく』感や
「やりがい」を持って仕事に従事できる状況を生み出すことが必須になります。
 しかし『実現が難しい、どうすればいいか?』との思いが湧いてくると思われますが、人間が
本来、保有している「人間力の醸成と発揮」を促し「部下を活かすマネージメント」を展開する
ことにより、簡単に実現可能であると考えております。
 「部下を活かすリーダシップとマネージメント」に企業が注力し「組織的な改善活動」等を
展開することにより、企業を支える社員が「やりがい」や『わくわく』感を持って仕事に従事でき、
結果として高成果やイノベーションを生み出し「会社人生」を「人生の一環」として価値あるものと
して過ごすことが出来るようになる。このような状況を生み出すマネージメント努力を企業が行うこと、
それが「働き方改革」の真髄であると考えます。
 本セミナーでは、独自に考案した「人間力醸成と発揮の構図」、「人間力醸成診断」、「動機付け理論」、
「心理学的方法論EQ」等を登場させ、「どのようにすれば部下を活かすマネージメントを展開できるか?」、
「やる気のない部下の活かし方」、「部下から頼られるリーダになるためのコツ」等と共に、
マネージメントにおける「ヒューマンエラー防止や品質改善活動」等の組織活動を成功させる
「仕組考案のコツ」、更に「自由闊達な相互支援風土の構築」についても触れ、企業研修にそのまま
ご活用いただけるようミニ演習も織り込み、組織活動展開の基盤として役立つ内容にしたいと
考えております。
 講師は、大規模プロジェクトのマネジャー経験やSI分野の改善で、日本初のCMM&CMMI(注1)
レベル5を達成した経験を有しており、「人間力醸成」を基盤にした「ヒューマンエラー防止活動や
品質改善活動」等の数多くのセミナーや各種企業研修に携わり、業種を問わず約3万人以上の方々への
指導を行ってきており、ご好評を賜っております。
 (注1)CMM&CMMI :世界的に著名な改善のモデル
 *Capability Maturity Model and CMM&CMMI are registered in the U.S. Patent and Trademark Office. 

プログラム

第1章 「働き方改革」と「相互支援風土」
1.1 「働き方改革」と「人間重視のマネージメント」
 1. 「働き方改革」と「人間重視のリーダシップ」
 2. 「人間重視のマネージメント体系」 
1.2 「相互支援風土構築」のための研修デザイン
 1. [演習]:「自己の開示」と「受容」
 2. 「人間理解」と「相互支援風土」構築の基盤

第2章 「会社人生」と「リーダシップ」
2.1 「会社人生」と「自律型リーダ」
 1. 「会社人生」の選択と自律型リーダ
 2. 「人間のタイプと成長志向型リーダ」
2.2 「人間重視型リーダシップ」
 1. 「将来のリーダ像」
 2. 「リーダシップのパターン」

第3章 『わくわく』感と人間力醸成の構図
1. 人間重視の組織活動
2. 『わくわく』感を生み出す人間力醸成の構図

第4章 人間関係の向上とリーダシップ
4.1 部下との関係を向上させるアサーション
 1. [演習]:「上司と部下がうまくいかない」
 2. 「心理学的な知恵」と人間関係の向上
4.2 部下の潜在能力を発揮させるコーチング
 1. [演習]:リーダシップのチェック 
 2. メンタリングとコーチング
 3. コーチングのチェックリスト
 4. [演習]:「部下からの相談 」

第5章 人を活かすマネージメントの仕組考案のコツと事例
5.1 人を動かし活かす仕組(品質保証)
 1. 「人を動かし活かす仕組考案」のコツ 
 2. 「人を動かし活かす役立つ監査」(性善説)
5.2 「品質改善活動の仕組考案」
 1. 人を動かし活かす「第三者検証(Quality Gate)」事例
 2. 人を動かし活かす「相互検証・支援」の事例
5.3 「ヒューマンエラー防止」のための仕組例
 1. 「問題管理」と「リスク管理」の相違
 2. 人を動かし活かす「リスク管理」の仕組事例
 3. リスク管理ミーティングの事例

第6章 「部下から頼られるリーダになる」ためのワークショップ
6.1 モチベーション・キラーとEQ
6.2 リーダのための心理学的EQワークショップ
 1. [感情の識別]:「自分の感情を知る力」
 2. [感情の制御1]:「感情を制御する力」
 3.  [感情の制御2]:「目標に向かう力」
 4. [感情の理解]:「他人の感情を理解する力」

第7章 「イノベーション」の基盤「人間力醸成」 
7.1 「動機付け理論」
7.2 「部下指導」の勘所 
7.3 「人間力醸成のコツ」
7.4 「人間力醸成」診断
7.5 「会社人生成功のコツ」

第8章 「自由闊達な相互支援風土」構築の勧め
*演習を交えて実体験いただき、理解の促進に努めます。


講師紹介
 1967年、成蹊大学工学部経営工学科を卒業後、富士通(株)入社。
 第三次オンラインバンキング等の大規模システムのマネージメント
 に関わる(途上、未来工学研究所主任研究員)。
 近年、システム部門の品質改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、
 SI分野で日本初の CMM®レベル5を達成、社長賞を受賞。定年後も、
 同社人材育成部門において、プロの育成や品質改善コンサルテーションに従事。
 2011年、富士通を退職。現在、特に「人間力醸成」を基盤にした各種セミナー・
 講演・企業におけるオンサイト研修等、3万人以上の方々への指導を行ってきております。