接点周りのトラブルを解決するための 電気接点の故障モード・メカニズムとその対策

電気接点周りのトラブルを故障モードごとに発生メカニズムを明らかにし
  対策技術,法則性を応用展開できるように開閉接点を主体に摺動接点と接続接点を加え
    理論と実態の両面からデータ,写真,図解を交えて分かりやすく解説する特別セミナー!!

講師 技術コンサルタント 伊藤 千秋 先生
 オムロン株式会社 品質保証部長,部品技術部長等歴任後現職
 制御機構部品の品質保証を15年,自動車電装部品の品質保証23年経験,品質・信頼性一筋のプロフェッショナル
 この間,日本科学技術連盟 信頼性開発技術研究会 委員長などを歴任 
日時

2019/5/24(金) 10:00 ~ 16:50

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 技術コンサルタント 伊藤 千秋 先生
 オムロン株式会社 品質保証部長,部品技術部長等歴任後現職
 制御機構部品の品質保証を15年,自動車電装部品の品質保証23年経験,品質・信頼性一筋のプロフェッショナル
 この間,日本科学技術連盟 信頼性開発技術研究会 委員長などを歴任 
日時 2019/5/24(金) 10:00 ~ 16:50
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 品質保証、構造設計、クレーム処理、故障解析、部品評価、メーカ監査、設計評価に携わる技術者など。

予備知識

 特になし

習得知識

 電気接点の材料、構造設計にかかる技術、知識が故障トラブルから眺められ、広い範囲の技術知識が得られる。
 講師は接点加工、リレースイッチ並びに基板実装面での仕事に従事した経験から、接点をつくる側からの視点と
接点を使う側からの視点で技術解説が受けられ、幅広い知識が得られる。
 1)開閉接点の故障メカニズムと対策
 2)摺動接点の故障モード・メカニズムと対策
 3)接点グリース起因の接触障害
 4)異物管理

講師の言葉

 リレー、スイッチ、電磁コンタクタならびにマイクロスイッチ、リミットスイッチ、操作スイッチ、さらにはコネクタ、
ソケットなどにわたって回路の切り替えには接点が使われている。
 業界的にみても制御盤業界、電力業界、通信業界、家電業界、自動車業界など非常に多くの業界にまたがり、大型から小型、
高容量負荷から微小負荷まで幅広く使われている。
 これらの接点には電気的、機械的な故障以外にアークが引き起こす化学的な故障も多く、故障解析の分野の宝庫ともいえる。
 そういう意味では接点周りのトラブルは非常に多岐にわたり、その発生機構の追求には数々の法則が存在し、それらを
見極めることは世の中の各種の故障の究明と対策の応用にも繋がる事例が数多く存在する。
 これらの事例を掘り起こし、故障モードごとにその発生機構を明らかにしてそこから得られる技術とその法則性を解説、
応用展開できるような形で品質保証技術者、設計技術者、故障解析者、試験技術者、購入品の監査技術者、クレーム処理
技術者などを対象にして技術を伝えられるような講座として構成した。
 一口に接点といってもいろいろな種類・材料・構造のものがあるが、先ずは開閉接点を主体に、摺動接点と接続接点を
加えた理論と実態の両局面からデータ、写真、図解を多く取り入れ、わかりやすく解説する。

プログラム

1.接点の種類と接点動作機構
(1) 開閉接点
(2)摺動接点
2.開閉接点
3.開閉接点の接点材料の変遷
(1) 溶着・転移・消耗に耐える接点の開発・変遷
銀接点、銀酸化亜鉛接点、銀酸化カドミウム接点、銀酸化錫接点、銀酸化ビスマス接点、
銀酸化インジウム接点、銀酸化インジウム酸化錫接点
(2) 接触信頼性を高める接点の開発・変遷
銀接点、紋打ち接点、金めっき接点、ツイン接点、金クラッド接点、クロスバー接点、ツインクロスバー接点
4.接点接触のメカニズム
(1)接触抵抗・集中抵抗・皮膜抵抗・導体抵抗の意味と理論
(2)接点表面に生成される皮膜の種類と接触抵抗のレベル
(3)接点ヘッダ加工据え込みにおける接点接触面のつくりだしの考え方
(4)接点のフローライン(金属組織条紋)と溶着に強い接点のつくりかたの考え方
(5)銀の熱処理温度と溶着に強い接点のつくりかた
5.接点開閉アークのメカニズム
(1)アークのメカニズム
(2)接点開閉時のアークと電圧の関係
(3)最小アーク電圧と最小アーク電流
(4)アークの起こる領域と皮膜破壊のできる領域
(5)接点の動きとアークの挙動のしかた(突入電流・遮断電流)
(6)アーク持続時間と接点成分、気圧、接点開離速度との関係
6.開閉接点の故障モードとそのメカニズム・対策
(1) 接点溶着
(2) 接点消耗
(3) 接点転移(スティッキング)
(4) 炭化物生成による接触障害(ブラックパウダー)
(5) シリコン生成物による接触障害
(6) 接点保護剤からのアウトガスによる接触障害
(7) アーク熱での酸化錫層形成による接触障害
(8) 脱カドミウム現象による接触障害
(10)硫化
(11)硫化クリープ
(12)粘着(凝着)
(13)接点脱落(銅張リ接点)
(14)接点脱落(溶接接点)
(15)接点削れ
(16)酸化
(17)燐酸腐食
(18)硝酸反応腐食
(19)炭化物導電路形成現象(トラッキング)
(20)金原現象(グラファイト化現象)
(21)接点削れ
(22)酸化
(23)接点研磨剤による接触障害
7.開閉接点における異物付着による接触不良
(1)接触障害を引き起こす異物の種類と大きさ
(2)標準粒子による接触圧力と接触抵抗との関係
(3)異物が接触点に集まる理論
(4)プラスチックの表面構造と異物の発生メカニズムとその対策
(5)紙の表面構造と異物の発生メカニズムとその対策
(6)布繊維の構造と異物の発生メカニズムとその対策
(7)人体からの異物の発生メカニズムとその対策
(8)設備からの異物の発生メカニズムとその対策
8.摺動接点
9.摺動接点における接点接触のメカニズム 
(1)静摩擦力と動摩擦力
(2)接触子材料とめっき材料の摩擦係数
(3)面接触と点接触
(4)摩耗のメカニズム
10.接触子材料とその加工法
(1)板バネ材料の種類とばね性を持たすための添加成分とその方策
(2)調質のための熱処理
(3)ロール方向と材料取り
11.接点グリース
(1)基油・増ちょう剤・酸化防止剤
(2)接点グリースによる接触のメカニズム
(3)稠度
(4)接点グリースが使える条件
(5)接点グリースの酸化・蒸発と接触抵抗の関係
(6)接点オイル(接点復活剤・接点保護剤)
12.摺動接点の故障モード・メカニズムとその対策
(1)接触子摩耗
(2)接触子・端子の硫化
(3)有機皮膜摺動摩耗による接触障害(ブラウンパウダ)
(4)局部電池腐食による接触障害
(5)微小摺動摩耗(フリッティングコロージョン)
(6)めっき剥離による接触障害
(7)燐酸腐食生成物による接触障害
(8)接点グリース酸化劣化による接触障害
(9)炭化物導電回路形成現象(トラッキング)
(10)難燃剤アウトガス腐食生成物による接触障害
(11)接点復活剤による接触障害
(12)局部電池腐食による接触障害
13.接点グリース起因による接触障害
(1)グリース稠度と接触圧力が合わないことによる接触障害
(2)グリースにフラックスが混合することによる接触障害
(3)グリース酸化劣化で稠度増加することによる接触障害
(4)グリースに摺動金属粉末が混合することによる接触障害
(5)グリースに呼び込んだ塵埃による接触障害
(6)アーク炭化物による接触障害
(7)清浄化してない接触子・接触端子による接触障害 
14.異物管理
(1)異物管理の基本的な考え方
(2)フィルタトラップ法による異物の管理
(3)液体パーティクルカウンタ法による異物の管理
(4)スクリーニング(高電圧印加法、DCランニング法、ACランニング法)
(5)接触抵抗測定法(四端子法、測定電流と接触抵抗検知レベル)
(6)エアー洗浄の基本的な考え方
(7)田口メソッドによるエアー洗浄のパラメータと最適条件
(8)有限要素法によるケースエアー洗浄の気流のシミュレーション