即日、簡単に実践でき効果がある「斬新な防止法」を習得!!
マニュアルをどんなに作っても「ポカミス」が減らない理由“ルール強化はもう限界” ヒューマンエラーから脱却するための「人間重視のヒューマンエラー防止法」  
〜ヒューマンエラーは人間が引き起こす、それなら人間が防げる!〜 
「演習」&「無料コンサル権利」付き
【会場/WEB選択可】WEB:ライブ配信/アーカイブ配信(7日間、何度でも視聴可)

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
ヒューマンエラー防止のための動機付け,リスクマインド醸成,品質マインド醸成,失敗を繰り返さないための動機付け法&実践法について,演習や多数の事例・ノウハウを交えて,現場ですぐに実践できるよう解説する特別セミナー!!
講師
ヒューマン&クオリティ・ラボ  代表 関 弘充 先生
(元)富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ&上級教育士(工学)
日本初の CMM®レベル5を達成,社長賞および品質賞を受賞
富士通退職後,「人間力」に関する活動に注力,3万人以上の方々への指導実施
日時
2024/6/21(金)10:00〜17:00
会場

TH企画セミナールームA

会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円   ※WEB受講の場合、別途テキストの送付先1件につき、配送料1,210円(内税)を頂戴します。
テキスト
製本資料(受講料に含む)
講師
ヒューマン&クオリティ・ラボ  代表 関 弘充 先生
(元)富士通(株)人材開発部 シニア・レクチャラ&上級教育士(工学)
日本初の CMM®レベル5を達成,社長賞および品質賞を受賞
富士通退職後,「人間力」に関する活動に注力,3万人以上の方々への指導実施
日時
2024/6/21(金)10:00〜17:00
会場

TH企画セミナールームA

会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円   ※WEB受講の場合、別途テキストの送付先1件につき、配送料1,210円(内税)を頂戴します。
テキスト
製本資料(受講料に含む)
受講形式
会場・WEB


受講対象
開発・設計・製造&研究・企画部門、品質保証・保全部門、運用・運転部門、事務・サービス部門、
教育部門等他、多分野のスタッフ&マネージャー、経営層、改善活動推進者等(多分野の方々を歓迎いたします)


予備知識
特に必要ありません。


習得知識
1) ヒューマンエラー防止のための「仕組み考案のコツ」
2)「人間力醸成法」
3)「リスクマインド醸成法」
4)「品質&改善マインド醸成法」
5)「全員参加型改善活動の実践法」
6)「具体的な導入方法」 など


講師の言葉
 ヒューマンエラーが発生すると、ルールやマニュアル等を強化して反省を迫り言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、見事に「負の連鎖」を繰り返してしまいます。
 『もう、限界だ、何をやっても駄目だ!!』と諦めてしまう前に、「改善の知恵が日常化する組織風土」を構築することをお勧めします。『エラーを起こそう』と思ってエラーを起こす人はいません。構築の鍵は人間の「良くしたい」との「善なる思い」にあるのです。
 本セミナーにおいては、『ヒューマンエラーは人間が引き起こす、であれば人間が防げるのでは』との観点から、人的側面に光を当て、「やる気」を引き出し「意欲」の基である「人間力」を品質改善の基盤として、「簡単に実践できて効果がある」今まで体験したことのない「現場で即日、役立てられる仕組」を提供致します。
 講師はIT系の開発等を専門としますが、過去、IT系以外の多分野(機械・制御・製造系、化学・薬品・医療系、プラント・設備運用系、航空・交通・輸送系、電力・原子力、教育等々)の方々に、セミナー&企業研修を提供しており、ご好評を賜っております。

受講者の声
・問題が起きる→対策する→ルールを強化する、を繰り替えし、ルールが膨大に増えていく中で、どんどん課員が疲弊している(考えなくなる)ことから脱却するヒントを見つけようと思っていました。多くのヒントをいただきました。限界だったヒューマンエラーへの打開が見えてきたように感じました。ありがとうございました。
・ヒューマンエラー防止について、「少し相手の立場になって」「精神的側面の知恵」という、目からうろこのような講演をいただきました。ありがとうございました。
・頭の中にイメージした事を体系的に説明していただき理解が深まった。声掛けのポイントなど明日から実践できる内容が多く取り組みを進めたいと思います。
・部署内、会社内で実践していきたい内容が盛りだくさんでした。関先生ご自身の経験話も面白くて非常に有意義な時間でした。ありがとうございました。
・説明の仕方が分かりやすかったです。 また、テキストにはない事例もあり、現実の話を聞くことで実際の状況に置き換えて考えるきっかけとなり、より参考になりました。ありがとうございました。

プログラム

第1章 ヒューマンエラーと人間重視
1.1 ヒューマンエラー防止活動の基盤
 1. ヒューマンエラー防止活動と「価値観の認識」
 2. 人間のタイプと改善活動
1.2 ヒューマンエラー防止と本セミナーの主張
 1. 何故ヒューマンエラーが繰り返されるのか?
 2. エラーが起きる前にやるべき効果的防止法 

第2章 失敗を繰り返さないための「人間力の醸成」
2.1 「失敗の構図」と「品質問題の発生」
2.2 人間重視と人間力の醸成
 1. 人間重視の品質改善 
 2. 「わくわく」感と人間力醸成の構図
2.3 ヒューマンエラーとコミュニケーションの向上 
 1. 演習1「トラブルと人間関係」
 2. 「心理学的な知恵」と人間関係の向上
 
第3章  ヒューマンエラー防止のための「動機付け」ケーススタディ
3.1 人を動かす仕組考案のコツ
 1. 「人を動かす仕組の考案」
 2. 「人間重視型思考パターン」
3.2 「動機付けする」ケーススタディ
 1. 演習2:「人を動かす再発防止計画」
 2. 人を動かす「再発防止計画①」 

第4章 エラー防止のための「リスクマインド醸成」ワークショップ
4.1 簡単にできる「問題発生防止」
 1. 「ヒューマンエラー防止」と「リスク管理」
 2. 「管理者と現場の乖離」を踏まえた「仕組考案」
 3. 演習3:「ヒューマンエラーとリスク管理」
4.2 「リスクマインドの醸成」と「リスク管理の仕組」
 1. 「リスク意識の高い集団」と「リスクマインドの醸成」
 2. 人を活かし動かす「リスク管理」の仕組事例
 3. 人を動かす「再発防止計画②」

第5章 エラー防止のための「品質&改善マインド醸成」ワークショップ
5.1 エラーを防ぐ「品質&改善マインドの醸成」
 1. 「品質&改善マインド」の醸成事例
 2. 演習4:「ヒューマンエラー防止と改善提案」
5.2 「わくわく」感を生み出す「全員参加型改善活動」
 1. 「全員参加型改善活動」の仕組事例
 2. 「改善意識の高い組織」と「全員参加型改善活動」
 3. 人を動かす「再発防止計画③」
  
第6章 失敗を繰り返さないための「具体的な実践方法」の勧め
6.1 「作業者が複数人の場合の改善活動」
6.2 「作業者が一人の場合の改善活動」 

第7章 実践に向けての「動機付け」
7.1 「ヒューマンエラー防止活動への動機付け」
7.2 現場での「動機付け」サイクリカル理論

第8章 実践に向けての「エール」
8.1 「実践のポイントまとめ」
8.2 「実践に向けてのご質問」と「エール」

(注)[演習付きセミナー]

質疑・応答


講師紹介
略歴
成蹊大学工学部経営工学科を卒業し富士通(株)入社。
品質検査部門を経てシステム開発部門において通信・金融・官公庁等のシステム開発マネージメントに関わる(途上、未来工学研究所主任研究員)。
近年、品質問題を抱える本部組織の品質改善に従事し(主席部長、品質保証部長)、高品質に導くと共にSI分野で日本初の CMM®レベル5 (注)を達成、社長賞&最高品質賞を受賞。
定年後も続投し、同社人材開発部門において品質改善講座&「わくわく」元気塾を開講。
多くの品質改善プロフェッショナルを育成。
2011年、富士通を退職。
その後、「人間力醸成」を基盤にした各種セミナー・講演・企業研修等、3万人以上の方々への指導を行ってきております。
なお、日刊工業新聞社発行「工場管理」2018年2月号に講師執筆の「人間重視のヒューマンエラー防止法」特集記事が掲載されおります。
(注)CMM:世界的に著名な改善モデル Capability Maturity Model and CMM are registered in the U.S. Patent and Trademark Office.