ゴム製品を適切に設計するための
製品設計に役立つゴム材料勘所最適設計手法
【WEB受講(Zoomセミナー)

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
ゴム材料の基礎,応用,多くの自動車部品の事例,具体的な使用方法,設計・取り扱い
上の留意点について,事例を踏まえ実践的に分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
株式会社ワールドテック 講師 岡本 邦夫 先生
テクノサポートオーテス 代表, 愛知工科大学 非常勤講師
日時
2021/6/7(月)10:00〜16:30
会場

*本セミナーは、WEB受講のみとなります。

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
株式会社ワールドテック 講師 岡本 邦夫 先生
テクノサポートオーテス 代表, 愛知工科大学 非常勤講師
日時
2021/6/7(月)10:00〜16:30
会場

*本セミナーは、WEB受講のみとなります。

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
 WEB受講のみ
 *本セミナーはZoomシステムを利用したオンライン配信となります。

受講対象 
 関心のある方ならどなたでも受講できます。 


予備知識  
 特に必要ありません。  
 講師と受講者とやり取りしながら講義進行するので、未経験者でも理解が深まります。 


習得知識  
 1)重要品質問題を起こしやすいゴム材料について、その基礎から   
 応用まで総括して学べます。  
 2)多くの自動車部品の事例を知ることで、具体的な使用方法や   
 設計・取り扱い上の留意点を習得できます。  


講師の言葉 
 ゴム材料はゴム特有の弾性特性し、シール部品やホースなど多くの部品に用いられています。 
ゴム材料は液状の高分子材料を原料とし、多くの添加剤を混合し且つゴム独特の架橋操作を用いて 
製造しているので、金属や樹脂に比べて本質的に不安定で、重要品質問題を引き起すのが現状です。 
 しかし、多くのゴムメーカーはその組成・製法をノウハウとし、開示していません。 
本セミナーではゴム材料の基本知識と特性、成型法等を学ぶことによって、良い設計・取り扱いを 
するためのポイントを習得していただくことを狙いとしています。 

プログラム

1.ゴム材料の概要  
 1-1 ゴム材料を理解するために
 1-2 ゴム材料の定義
 1-3 利用分野と用途
 1-4 加硫ゴムのトラブル 

2.ゴム材料の基礎  
 2-1 ゴムの種類 
 2-2 ゴムとばねの伸縮メカニズムの違い  
 2-3 高分子材料とゴムの関係
   (1)高分子材料とは (2)分子鎖とゴムの性状 (3)ゴムとして使える高分子物質
   (4)温度が上がると変化する性質(5)ポリマーの部分結晶化と融点 (6)ゴムが伸びる理由
   (7)ゴムとプラスチックの関係 

3.ゴム材料の特性  
 3-1 ゴム材料の機械的性質
 3-2 ゴム材料の粘弾性特性 
 3-3 ゴム材料の疲労特性
 3-4 ゴムの寒さ対策
 3-5 ゴムの耐水・耐油対策 
 3-6 ゴム材料の劣化 
   (1)劣化メカニズム   (2)ゴムの耐熱性  
 3-7 ゴム材料の寿命評価法 

4.ゴム材料各論  
 4-1 ゴムの分類と種類 
 4-2 天然ゴム 
 4-3 合成ゴム 

5.ニーズに応える材料つくり  
 5-1 ニーズに応える材料つくりとは
 5-2 強いゴムを作る方法
 5-3 ゴムの硬さを調整する方法  
 5-4 ゴム材料の伸びと架橋密度の関係  
 5-5 残留ひずみと架橋密度の関係  
 5-6 耐摩耗性を向上させるために
 5-7 耐候性を向上させるには
 5-8 耐疲労性を向上する方法  
 5-9 防振ゴムの材質選定の仕方 
 5-10 生ゴムのブレンドによる高機能材料化

6.ゴム製品と材料の特徴  
 6-1 代表的なシール製品  
 6-2 特殊なゴム材料と製品 

7.ゴム材料の製法  
 7-1 ゴム材料の製法とその特徴  
 7-2 生ゴムからゴム材料へのプロセス 

8.ゴム材料のトラブルと対策  
 8-1 加硫ゴムのトラブル要因  
 8-2 トラブル解析の具体的手法  
 8-3 ゴムの耐油性(膨潤と劣化)  
 8-4 ゴムのオゾン劣化  
 8-5 加硫ゴムの水劣化(残留塩素)  
 8-6 金属化合物の引き起こす劣化(銅害)  
 8-7 ブルーム/ブリード現象


講師紹介
略歴
1973年4月~2005年3月:(株)デンソー(旧日本電装㈱)開発部にて車載用セラミックス
            製品、空気浄化フィルタ、燃料電池関連システムの開発・設計。
2005年4月~2009年3月:(株)デンソーテクノ((株)デンソーグループ会社)
            人材育成部にて技術者教育の企画と実践                         
2009年11月~現在:テクノサポートオーテス代表。自動車関連企業等の技術者を対象に
          技術教育を支援。