中国ビジネスを劇的に改善させるための
中国メーカーで不良品トラブルをなくすモノづくりのノウハウ
部品メーカー選定見積取得図面作成現地訪問具体的ポイント【WEB受講可能】

中国メーカーの製造現場,トラブルをなく「3つのアプローチ」,国民性を理解した仕事の進め方,
商社・OEM/ODMメーカーとの関わり方,通訳に100%伝える会話, 中国メーカーに不良品を作らせない
ノウハウ等について,豊富な経験を踏まえ実践的に解説する特別セミナー!!
講師
ロジ 中国モノづくり設計コンサルタント 小田 淳 先生
元  ソニー株式会社,ソニーChina(上海に駐在)
日時

2020/7/29(水) 10:00 ~ 17:00

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
ロジ 中国モノづくり設計コンサルタント 小田 淳 先生
元  ソニー株式会社,ソニーChina(上海に駐在)
日時 2020/7/29(水) 10:00 ~ 17:00
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
 会場・WEB

受講対象
 1)中国に関わる製造メーカーの
    設計/開発担当
    購買/資材担当
    品質保証/管理担当
    製造技術/管理担当 
 2)中国に赴任、出張の行く予定の技術者
 3)中国製品を輸入する商社の方
 4)中国を視野に入れたモノづくりベンチャー企業の方

予備知識
 特にありません

習得知識
 1)中国とのトラブルが減る
 2)依頼した部品や製品の不良品が減る
 3)中国製品を安心して輸入できる  等

講師の言葉
 中国人と仕事をしていて「普通〜のハズなのに」や「〜と言ったハズなのに」、
「〜のハズじゃなかった」と思った経験はありませんか?このような問題が起こったとき、
私たち日本人はそれらを中国人のせいにしがちです。
 しかし、私の7年間の中国でのモノづくり経験と日本での20年以上の設計経験から、
それらの60%は私たち日本人の責任であることが分かりました。中国人は私たちと違う国民性
を持っています。私たちはその違いを理解した仕事の仕方とメーカーとの接仕方を知る必要が
あります。
 日本では「あうんの呼吸」で仕事を進めることができましたが、中国ではそれはできません。 
私たちは確実に伝える会話と情報出し(会議やメール)をマスターする必要があります。
中国の工場は人の入れ替わりがとても激しく作業者のスキルには期待できず、高いスキルを持ち
長年のお付き合いのある日本の部品メーカーと同じような仕事の仕方はできません。その足りない
ところを埋める方法を知る必要があるのです。
 つまり私たちが中国人へのアプローチ仕方を変えなければならないのです。皆様に是非これらを
お伝えし、中国のみならずアジア他の海外で一目置かれる設計者になっていただきたく思っています。

プログラム

1.「あうんの呼吸」に頼る日本人設計者と不良品を作る中国メーカーの製造現場
  雑貨商の曖昧な指示が生む不良品
  日本人設計者の曖昧な図面が生む不良品
  中国人とトラブルを起こす口語調の日本語会話
  不良品を作るいい加減な治具
  中国メーカーで不良品を生む手作業工程
  不良品を生み出す整理整頓されない中国の製造現場
2.不良品と仕事上のトラブルをなくす「3つのアプローチ」
  3つの「〜のハズ」は日本人の勘違い
  不良品やトラブルの原因の7割は日本人
  大切なのは「ヒト」「コトバ」「モノ」
3.中国の国民性を理解した仕事の進め方
  中国人の国民性を表す「没問題」の本当の意味
  「出来ます」は希望的観測、「問題ない」は強い自己判断
  情報が末端まで伝わらない分断された業務範囲
  中国でトラブルを起こす人と起こさない人
  「機能するから問題ない」の品質感覚
  「検査するから大丈夫」では減らない不良品
4.商社、OEM/ODMメーカーとの関わり方
  1次と2次メーカーとの関わり方
  ブラックボックス化する日本商社、ODM/OEMメーカーへの依頼
  アップルのクモの巣を張った部品メーカーとの関わり方
5.通訳に100%伝える会話の仕方
  中国人の日本語レベルが分かる3つの日本語
  会話で主導権を握る日本人の立場と責任
  20%は理解していない日本語通訳
  日本語通訳が分からない日本語
  言いたいことを100%伝える唯一の方法
6.100%伝える情報の出し方
  打合せの進め方7つのポイント
  メールの書き方5つのポイント
7.製造現場の確認方法と不良品のでない仕組み作り
  不良の原因が潜む2つの「モノ」
  認識すべき2つのバラツキの発生原因とその管理者
  量産開始後にココで発生する不良品
  不良の原因が潜む治具の確認方法
  作業標準書の3つの確認ポイント
  QC工程表の確認方法
  梱包の確認方法
  QC工程表にない場所で発生する不良品
8.製品化プロセスでトラブルを出さないやりとりの方法
  設計者から見た部品メーカーの選定方法
  誤認識されない図面作成のポイント
  確実な見積依頼と見積明細書の確認方法
  中国メーカーの訪問の仕方
9.保税生産  

10.一目置かれる日本人になるには

講師紹介
 1964年:誕生 神奈川県横浜市出身
 1969年〜:札幌市、アテネ、鹿児島市を約4年ずつ在住
 1983年:上智大学機械工学科入学
 1987年:ソニー株式会社に入社
 2009-2013年:ソニー上海工場に勤務
 2017年:ロジ設立
 
著作 ・「日経ものづくり」にコラム連載中 ・日刊工業新聞社「機械設計」にコラム連載中
 
所属学会 ・一般財団法人 科学技術と経済の会(一般会員) ・研究・イノベーション学会(一般会員) ・NPO法人新現役ネット(一般会員)