データ処理を的確に行うための

製造業におけるディープラーニングの活用とデータ処理の進め方
~ノートPCをご持参戴ければプログラムの動作確認可能~

機械学習とディープラーニングの基本,画像(分類)・音(異常検知)・センサー(時系列)データ等の
 データ処理の注意点・進め方について学習する特別セミナー!!
講師

株式会社ネクステージ AIアナリスト 太田 桂吾 先生

日時

2020/2/26(水) 10:00 ~ 17:00

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師

株式会社ネクステージ AIアナリスト 太田 桂吾 先生

日時 2020/2/26(水) 10:00 ~ 17:00
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
予備知識
   不要
   ただし、プログラムを自身で実行する場合には、基本的なプログラムに関する知識は必要
   (基本的なプログラムの知識:Excel VBAを動作させることが可能)
持参品
 プログラムの動作確認をする場合にはノートパソコン
 ※演習で使用する環境設定プログラム,サンプルプログラムを事前送付します
習得知識
 ・AI、機械学習を使用した業務改善の提案が可能となります。
 ・画像・音・センサーデータ等のデータ処理の基本
講師の言葉
 製造業での課題解決に対して、機械学習・ディープラーニングを使用する際の、基本、注意事項を
1日で概観できます。
 まず、機械学習の基本とディープラーニングの基本を極力数式なしで説明します。
 その後、講師が実際のデータを操作することで、データをどう扱うかを学習していきます。
 画像(分類)、音(異常検知)、センサーデータ等、それぞれの例で解説しますので、それぞれが
どのように取り扱われるか、注意点は何か、が具体的に学習できます。
 また、受講者でノートPCを用意いただければ、事前に環境設定プログラム、サンプルプログラムを
配布しますので、自身でも動作を確認することも可能です。
 実際にデータを取り扱われる方、製造業での課題解決に機械学習・ディープラーニングを活用する
最初の1歩となります。
 

プログラム

 1.機械学習/ディープラーニング概観
    1)データ分析と統計
 2.機械学習/ディープラーニングを行う際に必要なデータ処理の基本
    1)データの定義
    2)扱うデータの特性を把握する
      a) 時間軸/場所の考慮
      b) 画像
      c) 音
      d) センサー(時系列)データ
      e) その他(言語)
   3)特徴量エンジニアリング
      a) 特徴量エンジニアリングとは何か
      b) 具体例
 4.機械学習の基礎と実践
     1)機械学習の基本
      a) データがモデルをつくる
     2)学習の種類
      a) 教師あり学習の基本
      b) 教師なし学習の基本
     3)結果の分類
      a) 回帰
      b) クラス分類
     4)製造業でのサンプル
      a) 画像データによる傷の検知
      b) 音データ処理による異常検知
      c) センサーデータ処理による時系列データ処理
 5.ディープラーニングの基礎と実践
     1)ディープラーニングの基本
      a) 基本的な仕組み
      b) ほとんど数式なしの誤差逆伝播理解
     2)製造業でのサンプル
      a) CNNによる画像データによる傷の検出
      b) RNNによる音データ処理による異常検知
      c) RNNによるセンサーデータ処理による時系列データ処理
 6.製造業と機械学習
     1)機械学習による課題解決
      a) PoCへの取り組み(なるべく小さな範囲で)
      b) PoCからソリューションへ
     2)精度はどこまで求めるか
      a) 精度は100%にはならない
      b) 運用も含めた100%を目指す
講師紹介
 1990年 3月 岡山大学 文学部卒業
    同年   4月 応用技術株式会社 入社
    多くのWEBシステム構築に携わる
    近年はデータマイニング技術の応用に携わる
    一般企業向けの機械学習・ディープラーニングセミナー開催 多数
 2019年4月  株式会社ネクステージ AIアナリストとして勤務