原薬調達でのトラブルをなくすための 海外を含めた原薬工場のGMP査察のポイントと原薬工場の選び方
~開発段階に応じた海外からの原薬調達、GMP対策、課題等を含めて~

原薬,中間体の外部委託前の事前チェック,原薬工場の選び方,委託後の業務,問題点,注意点,GMP査察の考え方・進め方,
 委託先の評価等を開発段階から商用生産の各ステージ毎に事例を交えて解説する特別セミナー!!

講師 株式会社三和ケミファ 医薬品事業部 統括本部長 薬剤師 薬学博士 丸橋 和夫 先生
日時

2019/5/23(木) 10:00 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 株式会社三和ケミファ 医薬品事業部 統括本部長 薬剤師 薬学博士 丸橋 和夫 先生
日時 2019/5/23(木) 10:00 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 製薬会社、原薬会社、化学会社の医薬品開発部門、プロセス開発部門、原薬調達部門、初心者より、
 少しでも経験のある人の方がわかりやすい話になると思います。

予備知識

 GMP、有機化学、品質保証、CMC

習得知識

 1)医薬品原薬の開発の考え方
 2)技術移転の考え方、注意点、GMP査察の考え方、進め方
 3)委託製造に関する法規制・注意点・問題点
 4)技術移転・製造アウトソーシング先の評価、注意点
 5)委託先の事前調査と評価、調達
 6)開発段階に応じた原薬調達

講師の言葉

 医薬品開発(前臨床試験~申請、商用生産)ではタイムリーな原薬調達が重要なポイントとなる。 
 原薬の種類、技術内容、原料、中間体入手のし易さ、開発の進め方等により外部委託が頻繁に発生する。
 原薬、中間体を外部から入手する場合、自社技術を技術移転して相手先で製造、あるいは既製品を入手するなど
様々なケースがある。 
 外部から入手する場合、国内外に関係なく、製造管理、品質管理、品質保証など自社と同等レベルで管理できることが
前提になる。調達先を決める際、事前の調査、評価は重要な位置付けとなり、評価を誤れ
ば、その後の開発スピードに
影響する場合もある。 外部委託には、例えば治験用原薬(中間体)の製造委託、商用原薬(中間体)の製造委託、
その他様々なケースがある。必要な設備、原料、中間体が日本国内で準備できず、海外の会社に委託することで
開発のスピードアップにつながったケースもある。経験からであるが、米国FDAの監査を工場責任者の立場で
受けたことがある。事前連絡に始まり、実際の監査、監査終了後のEIR(施設査察報告書)で監査終了となるが、
一連の流れの経験は他社監査の参考になる部分が多い。
 また、最近の話題であるが、外部調達した原薬に遺伝毒性不純物が混入し、それを使用した製剤が回収になるなどの
問題が発生している。遺伝毒性不純物についてはPhase Ⅰから対応が求められ、今後は重要なチェックポイントとなる。
 本講座では原薬、中間体の調達を目的とした外部委託を中心に、委託前の事前チェック、それに伴う査察の
基本的な考え方、委託後の対応等一連の業務、そこで経験した問題点、注意点等を開発段階~商用生産の各ステージに
分類して説明する。
 更に、原薬工場の選び方について説明する。更にFDA監査を受けた経験、遺伝毒性不純物についてもふれる。

プログラム

1.医薬品開発の進め方と原料、中間体、原薬の調達
  1.1 医薬品原薬の開発の考え方
   ・・・コスト、スピード(時間)、スケジュール通りの原料、中間体、
      原薬の調達、
  1.2 技術移転の考え方、注意点、GMP査察の考え方、進め方
  1.3 原薬、中間体調達の一例(国内の委託先で技術問題が発生、プロセスに合った海外のメーカーに技術移転)
 
2. 委託製造に関する法規制・注意点・問題点
  2.1 医薬品の製造販売・製造(輸入)について
  2.2 製造業者等との取決め
  2.3 遺伝毒性不純物について
  2.4 運用上の注意事項、ポイント
  
3. 技術移転・製造アウトソーシング先の評価、注意点
  3.1 移転先の選定、事前チェック
  3.2 製造委託先選定段階での査察
  3.3 技術移転のプロセス
  3.4 よく問題となる事項、トラブルの例・・・不純物、結晶多形、その他
  3.5 プラントツアー・ラボツアー、書類調査でのチェックポイント、委託後のフォローアップ
  
4.委託先の事前調査と評価、調達(経験から)
     治験薬GMP:外部監査チェックシート (参考)、米国FDAの監査(事前連絡~監査~EIR)から
 
 4.1 開発段階(臨床試験開始前)
  4.1.1 治験用原薬(米国の大学との共同開発)のプロセス開発と製造委託、治験薬GMP査察(国内メーカー)
     ・・・原薬、中間体の委託先調査~原薬調達
  4.1.2 治験用原薬(米国のベンチャーとの共同開発)のプロセス開発と製造委託、GMP査察(海外メー
      カー)・・・原薬メーカーの調査、GMP査察~原薬調達
  4.1.3 治験用原薬(自社開発品)のプロセス開発と製造委託、治験薬GMP査察(国内メーカー)・・・
      問題点、注意点(原薬製造後の監査でわかった逸脱)、その他
 
 4.2 開発段階(臨床試験進行中)
  4.2.1 原薬製造場所の変更(国内メーカー → 海外のメーカー)
  4.2.2 導入プロジェクト(米国ベンチャーとの共同開発:海外のメーカーからの原薬調達)、導入元の吸
      収・合併に伴う原薬製造場所の変更。
  4.2.3 原薬製造場所の変更(自社製造 → 国内メーカー)
  4.2.4 原薬製造場所の変更(海外のメーカー → 海外のメーカー
  4.2.5 技術移転に伴う結晶多形に関わる問題点
 
 4.3 大手製薬会社(米国)への導出に伴う新たな外部委託先の調査(原薬、中間体の調達)
 
 4.4 導入品の国内で臨床試験~商用・・・治験薬の調達と原薬メーカーのGMP査察
 ・・・D.D(デューディリジェンス)~海外の工場の査察~調達(商用)まで
 
 4.5 商用原薬・中間体の調達
  4.5.1 MF登録前の原薬メーカー(海外)のGMP査察
  4.5.2 原料メーカーの査察 環境対策
 
 4.6 その他
  4.6.1 結晶多形のスクリーニングの委託、その後のQA査察
  4.6.2 海外委託先の監査から
 
5.質疑応答

講師紹介

 1979.和光純薬工業株式会社入社、東京研究所主席研究員を経て、
1991.大鵬薬品工業株式会社入社、工業化技術研究所所長、合成技術研究所所長を経て、
2007.三菱商事株式会社入社、先端化学品本部技術顧問(兼)常熟力菱精細化工有限公司(中国、常熟市)研開部本部長を経て、
2008.株式会社エースジャパン入社、常務取締役山形工場長を経て、
2015.株式会社三和ケミファ入社、現在に至る。
1983.薬学博士(岐阜薬科大学)
 
約40年一貫して医薬品原薬、治験用原薬、中間体の商用生産 (小スケールからスケールアップ製造) にかかわる業務を担当。
この間、医薬品製造管理者、治験薬品質管理者 (原薬) 、米国FDAの査察対応、IND申請、DMF登録、MF登録、国内外の委託先の
監査等品質保証、CMC関連業務も経験。
 
関連活動
米国化学会会員、
東京大学大学院薬学系研究科 薬学部研究員
 
著作(分担執筆)
1)高純度化技術体系 第3巻 高純度物質製造プロセス
生理活性有機化合物の分離精製・高純度化 “医薬品原薬の精製技術” 
フジテクノシステム(1997年発刊)
2)原薬輸入・海外調達における課題/薬事規制への対応 第6章 海外製造業者との取り引きの際における留意点 
株式会社情報機構(2010年8月発刊)
3)3極要求を反映したGMP-SOP全集 第2章3極査察を見据えた原薬・製剤プロセスバリデーションの実施と手順書作成 第1節原薬のプロセスバリデーション実施とその手順書 
サイエンス&テクノロジー(2011年6月発刊)
4)3極要求相違を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応ノウハウ IND申請におけるCMCパートでの記載要求事項 第6章 IND申請における原薬欄記載の留意点
サイエンス&テクノロジー(2012年2月発刊)
5)GMP・バリデーション 実務バイブル 第1部 プロセスバリデーションの具体的実施方法と文書作成の留意点 
株式会社技術情報協会(2012年6月発刊)
6)中国製造所 への医薬品製造委託・監査・バリデーション実施及び海外からの輸入・調達時のポイント 第4章 生産移管、製造アウトソーシングの留意点
  株式会社情報機構(2012年11月発刊)
7)GDP徹底理解
  第7章 GDP査察への対応 規制当局の査察動向および事例等    
株式会社情報機構(2014年発刊)
8)月刊ファームステージ ICHQ11(原薬開発)の業務への落とし込みと運用 ICHQ11が求める原薬製造のプロセスバリデーション 
株式会社技術情報協会(2015年7月発刊)
9)月刊ファームステージ 特集1『原薬・製剤・資材の保管と管理』原料・資材等の適切な管理方法 
株式会社技術情報協会(2016年11月発刊)
10) 治験薬の品質管理の基礎と実務 第13章 治験原薬製造における留意点
情報機構(2016年12月発刊)
11) GMPeople GDPのガイドラインから(日本、WHO、EU、PIC/S、US)
   情報機構 (2017年2月刊)
12)「次世代医薬品工場のGMP適合と設備保全」第6章 第3節 リスクベースドアプローチに基づいたプロセスバリデーション 
株式会社技術情報協会(2017年3月発刊)
13) 月刊ファームステージ バリデーションのライフサイクルアプローチ 原薬のプロセスバリデーションにおけるライフサイクルアプローチ 
株式会社技術情報協会(2017年10月発刊)
14) 第十七改正日本薬局方対応 医薬品規格および試験方法 ~製剤/原薬・中間体/バイオ・抗体医薬品/ 
~原薬・原薬中間体における規格試験の基礎と規格設定の考え方について(情報機構 2018年3月発刊)
15)「スケールアップ・ダウン検討/失敗例/解決(対処)法の45の事例」
   (サイエンス&テクノロジー 2018年9月発刊)
執筆協力 
1)医学・薬学・化学領域の独英和活用大辞典 -日・独・英三か国語対照- 
岐阜薬科大学教授 河辺 実 編著 (廣川書店より 1984 年刊)