課題解決、品質向上、技術向上のセミナーならTH企画セミナーセンター

吸着現象を基礎から理解するための

高度吸着分離プロセス設計必要気相吸着機構理解
【WEB受講(Zoomセミナー)


Warning: Undefined variable $seminar_kind_formatted in /home/beker/thplan.com/public_html/wp-content/themes/thplan/single.php on line 37
WEB受講

エレクトロニクス化学機械

吸着原理,吸着質による吸着機構の違い,吸着に伴う吸着熱挙動,吸着剤の選択に必要な吸着の基礎について,事例を交え分かりやすく解説する特別セミナー!!

講師
徳島大学大学院社会産業理工学研究部 理工学域 応用化学系 化学プロセス工学分野
准教授 博士(工学) 堀河 俊英 先生
日時
会場
※本セミナーはWEB受講のみとなります。
受講料
(消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円    
  ※別途テキストの送付先1件につき、配送料1,210円(内税)を頂戴します。
テキスト

受講概要

受講形式
WEB受講のみ
※本セミナーは、Zoomシステムを利用したオンライン配信となります。


テキスト
製本資料(受講料に含む)
※別途テキストの送付先1件につき、配送料1,210円(内税)を頂戴します。


受講対象
初学者から吸着分離技術を取り扱う研究者まで。


予備知識
特に必要ありません。


習得知識
1)吸着原理
2)吸着質による吸着機構の違い
3)吸着に伴う吸着熱挙動
4)吸着剤の選択に必要な吸着基礎


講師の言葉
 環境負荷低減のためには、吸着現象の利用が必要不可欠です。
 例えば、化石燃料の使用によって大気中に放出された二酸化炭素を回収するには、吸着分離技術が重要な技術の一つです。吸着分離技術を利用するには、プロセスに適用する吸着剤の設計、開発、選定、分離対象ガス種、その特性、吸着プロセス設計など多くの要素を考慮する必要があります。吸着現象の物理は、これらの要素を理解するために重要であり、吸着現象を詳細に理解することは、材料の開発や選定などの要点を明確にすることができます。
 本セミナーでは、身近な吸着現象から数種類の吸着質の吸着現象について吸着等温線、吸着熱を示しながら、吸着がどのように起こるのかを解説します。吸着現象の基礎をわかりやすく解説することで、環境負荷低減のための吸着分離技術に必要な吸着現象について理解を深めることができます。 

プログラム

 1.吸着現象  
 1.1 吸着とは(身近な吸着現象)  
 1.2 吸着の基礎   
 1.3 主な吸着剤
          
2.吸着測定方法 
 2.1 吸着の歴史
 2.2 吸着測定
 2.3 吸着測定で得られるデータ
 2.4 吸着剤のキャラクタリゼーション

3.吸着挙動の理解 
 3.1 非極性分子の吸着  
 3.2 極性分子の吸着   
  3.2.1 水蒸気吸着  
  3.2.2 メタノール吸着

4.吸着現象を応用するために

質疑・応答


講師紹介
略歴
1999年3月 関西大学 工学部 化学工学科 卒業
2001年3月 関西大学大学院 工学研究科 化学工学専攻 博士前期課程修了
2004年3月 関西大学大学院 工学研究科 化学工学専攻 博士後期課程修了 博士(工学)取得
2004年4月 徳島大学 助手, 工学部 化学応用工学科
2004年4月 関西大学 ハイテク・リサーチ・センター 客員研究員 (2004年4月〜2007年3月 毎年度再任)
2006年4月 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 助手
2007年4月 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 助教
2007年6月 関西大学 ハイテク・リサーチ・センター 客員研究員 (2007年6月〜2010年3月 毎年度再任)
2008年2月 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 講師
2010年3月 豪州Queensland大学, School of Chemical Engineering, 客員准教授 (2010年3月〜2011年2月) 日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業(常勤研究者)による派遣
2012年3月 徳島大学 大学院 先端技術科学教育部 博士後期課程 担当教員
2015年5月 徳島大学 大学院ソシオテクノサイエンス研究部 准教授
2016年4月 徳島大学 大学院理工学研究部 准教授
2017年4月 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部 准教授
学会
化学工学会
日本吸着学会
炭素材料学会

関連セミナー

粘着性の発現メカニズムの解明と粘着剤設計への応用~測定値以外の情報をいかに引き出して活かすか~【WEB受講(Zoomセミナー)】

エレクトロニクス化学機械

WEB受講

研究者・開発者・技術者のための伝わる文章の書き方・考え方 虎の巻【実習・個別添削付】【WEB受講(Zoomセミナー)】*Live配信のみ(録画視聴は有りません)

エレクトロニクスソフトウェアマネジメント・製品企画・技術経営化学医薬機械食品・化粧品

WEB受講

粉体を扱う技術の実務とトラブル入門 ~物性から粉砕・分級・混合偏析・貯槽・共有、輸送まで~ 【WEB受講(Zoomセミナー)】

化学医薬食品・化粧品

WEB受講

化学プロセスにおける設備スケールアップとコスト試算・設備投資採算性検討【WEB受講(Zoomセミナー)】

コンサルティング化学医薬

WEB受講

結晶化による分離精製の基礎と晶析プロセスでの実践、スケールアップ、トラブル解決事例 ~現場で役立つ分離精製技術から結晶粒子群特性の作り込み・連続フロー製造まで~ 【WEB受講(Zoomセミナー)】

エレクトロニクスコンサルティング化学医薬食品・化粧品

WEB受講

乾燥・粉砕・造粒工程における最適な機器選定・スケールアップのポイント ~スケルトンモデルの実例を挙げて粉体機器のトラブル対応のノウハウを解説~ 【WEB受講(Zoomセミナー)】

化学医薬食品・化粧品

WEB受講