伝わる英語表現を習得するための
~開発者技術者技術翻訳者のための
「英語図面作成方法」【会場/WEB選択可】

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
図面の基礎,寸法,公差記入法,図面英語表記の規則,注記の英語表現例など,図面作成の社内規格基準見直し,技術英語の表現の標準化に伴うデーターベース作成ノウハウについて,分かりやすく実践的に解説する特別セミナー!!
講師
AI(エーアイ) 代表 板谷 孝雄 先生
元 日本アイ・ビー・エム(株)
日時
2022/6/20(月)10:00〜16:30
会場
TH企画セミナールーム
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
AI(エーアイ) 代表 板谷 孝雄 先生
元 日本アイ・ビー・エム(株)
日時
2022/6/20(月)10:00〜16:30
会場
TH企画セミナールーム
会場案内
受講料 (消費税率10%込)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
会場・WEB受講


受講対象
開発者・技術者・技術翻訳者を中心に技術営業・海外支援者など
開発・研究部門、製造技術部門、技術支援/管理部門、海外事業部など
レベルは問いません


予備知識
特に必要ありません


習得知識
1)世界の図面作成に関する世界規格の理解
2)最新ASME規格(米国規格)を中心にした図面作成法とISOおよびJISを参照し、違いを理解。
3)図面での英語用語・略語・英語表現例をシャワーのように浴び、技術英文法を習得
4)社内標準化の準備体制要領の習得 など


講師の言葉
 国際分業化に伴い、英語で注記した図面を読み書きする機会が増えてきた。
 簡潔かつ的確な表現を求められる一方、思わぬ誤解を生ずることもあります。米国の規格 ASMEに照らし、図面作成について勉強する良い機会とします。
 日本企業様の現状は:
  ①古いJIS規格の使用で、国際的規格に準拠していない。
  ②技術者の個人個人の英語表現は外国人には理解されにくい。社内のデーターベース化による英語表現の標準化が求められている。
  ③日本独特な図面作成で書かれている。(ミラー、勝手反対、勝手違い、・・・)などは理解されない。
 特に、習慣的に作成してきた図面作成の社内規格基準を見直し、さらに技術英語の表現の標準化に伴うデーターベース作成および社内体制づくりには最適です。質問は随時して頂き受講技術者のご要望に応えます。

プログラム

1 図面の基礎    
 1.1 図面関連の規格     
 規格の歴史(1)国際規格・米国規格・日本規格(2) 規格と体系(3) 米国規格参考文献(4)関連規格(5) 
 1.2 技術変更資料       
 技術変更文書(6)技術管理用語(7)処分法(8)測定単位(9)製造仕様の種類(10)特殊な品目と工程の略語(11)部品の種類(12)
 1.3 図面の種類       
 種類別(13)目的別(14)用途別(15)
 1.4  図面の書式      
 1.5 文字           
 1.6 線の規約           
 1.7 作図           

2 寸法および公差記入法      
 2.1 基本原則          
 2.2 測定単位         
 2.3 寸法記入法の種類   
 2.4 寸法の記入法     
 2.5 記号法        
 2.6 作図例             

3 図面の英語表記の規則     
 3.1 図面の注記      
 3.2 表題        

4 注記の英語表現例     
 付録                                       
 A1 助動詞            
 A2 限定性            
 A3 位置の表現         
 A4 英語図面の社内標準化      

質疑・応答


講師紹介
略歴    
1969年 日本アイ・ビー・エム(株)入社。
      生産技術者・包装設計者として多くのコンピーター製造に従事。
      米国IBMグレンデール研究所での製品開発に参加。
      タイ国の現地国産化プロジェクトにも参加。
現在    AI(エーアイ)代表
      英語図面・英語技術文書に関する著作・規格翻訳・セミナー/講演講師・企業様技術支援
      ASME(The American Society of Mechanical Engineers、米国機械学会)
      会員