においを見える化し,実務に役立てるための
においメカニズム見える化
~においの難しさ、官能評価、機器分析、複合臭の対応方法~
【WEB受講(Zoomセミナー)】

セミナー
リーフレット
印刷はこちら
においのメカニズム,複合臭の特性,においの単位,調査方法,
分析方法,官能評価法, 快・不快度測定,異臭分析などについて,
評価技術とその選定まで分かりやすく解説する特別セミナー!!
講師
株式会社島津製作所 分析計測事業部 マネージャー 喜多 純一 先生
博士,臭気判定士
日時

2020/8/27(木) 10:00 ~ 16:30

会場
*本セミナーは、Zoomシステムを利用したWEB配信のみとなりました。
会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
講師
株式会社島津製作所 分析計測事業部 マネージャー 喜多 純一 先生
博士,臭気判定士
日時 2020/8/27(木) 10:00 ~ 16:30
会場
*本セミナーは、Zoomシステムを利用したWEB配信のみとなりました。
会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:49,500円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:44,000円
受講形式
 WEB

予備知識
 特に必要ありません

習得知識
 1)嗅覚の検知メカニズム
 2)複合臭の特性
 3)においの単位と定量化方法
 4)官能評価法
 5)機器分析の種類と特徴
 6)快・不快度測定
 7)成分分析による異臭分析 など

講師の言葉
 においの見える化を行う上で、何が難しいのかを理解して、その上で見える化に
対するいくつかの取り組みについて、その考え方と、実際の応用例を学ぶ。
ここでの目的は、においの本質、官能評価、機器分析の概要を把握すると
ともに明日からそれらの正しく利用できる知識を学ぶ。
 ここで得た知識があれば、それらの詳細の位置づけや意味が比較的簡単に理解でき、
また理解も早まると思われる。


受講者の声
・においの基本的概念から識別装置の内容までとても有意義でした。効率化に役立てられと感じた。
                       (大手食品メーカー:女性)
・病気の臭気非常に興味深かった。分析と官能評価をつながりが明確になった。
                        (国内化学メーカー:女性)
・臭気の解析にGCMSにおいかぎを使用することを考えていたが、注意点が分かり大変参考になった。
 また官能試験の分析結果に納得が持てるようになった。    (大手化学メーカー:男性)

プログラム

1.においを見える化する上で大切なこと
 1-1 においの定義は?
 1-2 においは3の側面で考えるとわかりやすい
 1-3 五感の一つとしてのにおいの本質
 1-4 においに原臭は存在するのか?

2.嗅覚の検知メカニズム
 2-1 鼻の構造と嗅覚レセプター
 2-2 嗅覚レセプターの応答機構
 2-3 複数の嗅覚レセプターとにおいの応答の関係

3.複合臭が引き起こす不思議な現象
 3-1 飲料の場合
 3-2 お菓子の場合
 3-3 ワインの香りの場合
 3-4 お香の場合
 3-5 オミッション法とは
 3-7 複合臭の特長とその由来は?
 3-8 複合臭の特長としてのマスキング
 3-9 においの分類方法

4.においの単位は?
 4-1 におい物質濃度とにおいの強さの関係
 4-2 においの強さの単位は?
  1) 臭気強度
  2) 臭気濃度
  3) 臭気指数  
 4-3 検知閾値、認知閾値、弁別閾値とは?
 4-4 決めにくいにおい質の単位
  1) におい物質とにおいの種類の推定
  2) フレーバーホイール
  3) 官能によるにおい質の表現とQDA法
  4) 自動車ISOのにおい質
  5) SD法
 4-5 オルソゴナルなにおいとレトロネーザルアロマとは

5.においの見える化方法
 5-1 官能評価と機器分析の使い分け
 5-2 日本の悪臭防止法の測定方法の変遷
 5-3 海外のにおい強度の測定方法
 5-4 臭気指数表現の場合に注意したいこと

6.官能評価法
 6-1 分析型官能評価と嗜好型官能評価に違い
 6-2 官能評価の種類とばらつきを低減させる工夫
  1) 2点比較法 2) 3点比較法
  3) SD法 4) QDA法
  5) 順位法
 6-3 自動車車室内のにおいの強さの測定法
 6-4 パネルの選定方法
 6-5 装置を利用した官能評価
  1) 検知閾値の測定方法
  2) 弁別閾値の測定方法
  3) マスキングの定量化方法
 6-6 官能評価で注意すべき点

7.機器分析の種類と特徴
 7-1 成分に分離する方法と成分に分離しない方法
 7-2 成分に分離する分析(GC,GCMS)装置
  1) その原理
  2) におい嗅ぎGCが必要な理由
  3) 解析例
  4) 複合臭に対する成分分析のの注意点
 7-3 におい嗅ぎGC,GCMSシステム
  1) どのような装置か?
  2) GCMSの出力からアロマクロマトグラムへの変換
  3) アプリケーションとしての、癌臭分析
 7-4 複合臭を成分分析できっちり分析する
  1) ビールを香気が再現するまで分析できるか  
  2) 2次元GCMSを利用してみたら。
 7-5 成分分析用のサンプル濃縮技術
  1) HS法とTD法
  2) 直接加熱 固相抽出
  3) SPME法
 7-6 においの単離方法
  1) 蒸留法  
  2) 抽出法
  3) 吸着法

8.センサ方式
 8-1 複合臭分析に期待されるセンサ方式
 8-2 開発されているセンサ方式とその問題点
 8-2 単素子のセンサ方式
 8-3 におい識別装置
    装置原理、解析原理、スタンダードモード ユーザーモード
    マスキング評価
9.快・不快度測定
  1) 官能評価による方法
  2) におい識別装置による測定

10.成分分析による異臭分析

11.複合臭に対する最近のアプローチ
  1) オミッション法の難しさと自動オミッション法
  2) 自動オミッション法のメリット
  3) 自動オミッション法の実例

講師紹介
1981年3月 京都大学 工学部 化学工学科卒業  
2014年3月 九州大学大学院システム情報科学府電気電子工学専攻博士課程卒業

受賞歴、表彰歴
年  月 受賞歴、表彰歴
平成13年 におい識別装置FF-1  第4回日食優秀食品機械資材賞受賞
平成19年 におい識別装置FF-2A (社)においかおり環境協会 
平成18年 技術賞
平成23年 電気学会進歩賞 受賞
平成26年 希釈混合装置FDL-1を用いた簡易官能評価装置 (社)においかおり環境協会 
平成26年 技術賞 長年におけるにおい識別装置の開発研究
         (社)においかおり環境協会 平成26年度 学術賞


主な研究論文及び著書(レビュー)
・J.Kita,  etal :Quantification of the MOS sensor based Electronic nose utilizing trap tube, 
 Technical Digest of the 17th Sensor Symposium,m301 (2000)
・島津評論第59巻第1・2号 p.77~85 (2002)
・島津評論第64巻第1・2号 p.63~79 (2007)
・アロマサイエンスシリーズ21〔6〕におい物質の特性と分析・評価 5章3 半導体センサ(2)
・におい香り情報通信 第3章 12.におい測定装置 p.177~p.187
・超五感センサの開発最前線 2.3.7 におい識別装置の開発 p.197~p.205
・Sensor and Materials vol.26 no.3  2014 149-161
・味嗅覚の化学 においセンサおよびにおい識別装置を用いた臭気対策 p.207。