異物混入問題解決のための 混入異物の分析・成分同定・原因解明技術~事例を中心として~
 ※異物混入でお困りのサンプル,写真等ご持参戴ければ相談に応じます

最近の異物トラブルの傾向,異物の検知,異物の前処理,混入異物の識別法,分析結果の解釈,異物発生要因と混入防止策,
 原因究明の対処法について事例を交えて解説する特別セミナー!!

講師 (株)住化分析センター 技術開発センター 大阪ラボラトリー グループリーダー 末広 省吾 先生
日時

2019/5/22(水) 10:30 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 (株)住化分析センター 技術開発センター 大阪ラボラトリー グループリーダー 末広 省吾 先生
日時 2019/5/22(水) 10:30 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 製品検査、品質管理、機器分析を担当されている技術者の方ならびに顧客相談窓口、営業まで、本テーマに興味のある方ならどなたでも結構です。

予備知識

 特に分析測定に関連する部署に関係されている方であれば、理解が進みやすくなります。

習得知識

 1)代表的な混入異物の傾向や形態的特徴
 2)異物分析技術の基礎知識(前処理、測定法の原理、スペクトル解析の基礎)
 3)分析結果の解釈
 4)異物の発生要因と混入防止策
 5)原因究明のための対処法
 について、すぐに職場で活用できる知識・スキルを習得できます。

講師の言葉

 身の回りのクリーン化が進む一方で、一部の食品・花粉・ダニなどへのアレルギー反応に代表されるように、
昔は気にならなかった異物に過敏に反応する消費者が増加しています。SNS上での情報拡散などのトラブル防止のため、
メーカでは品質管理を徹底させ、幾重もおよぶ検査体制を構築していますが、ハエ・ゴキブリ・人毛・獣毛をはじめとした
様々な混入異物クレームは減少していないのが実情です。
 本セミナーでは、最近の異物トラブルの傾向や代表的な混入異物の識別法から、異物分析を通じた迅速な原因解明の
ポイントまで分かりやすく解説します。

プログラム

1. なぜ異物問題が続発するのか?
 1.1 異物の定義・種類
 1.2 最近の異物発生事例と特徴
 1.3 代表的な混入物質(毛髪、繊維、昆虫、カビ、その他)

2. 異物の検知
 2.1 濾過捕集-光学顕微鏡観察、その他検知法
 2.2 X線マイクロCT等、各種検査装置
    
3. 検知した異物を分析する前に
 3.1 混入異物の産業分野ごとの特徴
 3.2 事前の情報収集ならびに混入形態の確認

4. 異物分析の前処理
 4.1サンプリングに必要なツール
 4.2異物の性状確認(顕微鏡観察)

5. 分析機器の原理・特徴および組み合わせ
 5.1 EPMA(SEM-EDX)、顕微IR、XRD、Raman、その他代表的手法
 5.2 成分同定に至るまでのフロー
 5.3 異物分析事例&結果の解釈

6. 問題解決&発生防止のために
 6.1 原因解明への道程
 6.2 異物の分析結果が原因物質と直結しないケース
 6.3 異物混入を未然に防ぐための分析支援

7. まとめ
 7.1. 問題演習
 7.2. 個別相談会(異物混入でお困りのサンプル、写真等をお持ち下さい。その場で相談お受け致します)