ゴム製品の品質問題解決のための ゴムの破損破壊と劣化要因、接着トラブルの対策および寿命評価

ゴムの材料選択,破損・破壊と対策,光/熱相乗劣化と対策,金属化合物による劣化と対策,オゾン劣化と対策,
 接着トラブル対策,寿命評価について多数の事例を交えて解説する特別セミナー!!

講師 九州大学・長岡技術科学大学 客員教授 工学博士 大武 義人 先生
  ※本年、劣化研究を主テーマとしてゴム界で権威ある「オーエンスレーガー賞」を受賞
日時

2019/2/8(金) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 九州大学・長岡技術科学大学 客員教授 工学博士 大武 義人 先生
  ※本年、劣化研究を主テーマとしてゴム界で権威ある「オーエンスレーガー賞」を受賞
日時 2019/2/8(金) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

予備知識

 特になし(用語を知っていると理解しやすい)

習得知識

 1)ゴム材料選択のポイント
 2)ゴム製品の破損・破壊と対策
 3)光と熱の相乗劣化と対策
 4)水劣化と対策
 5)金属化合物による劣化(銅害)と対策
 6)オゾン劣化と対策
 7)接着に関するトラブル対策
 8)寿命評価

講師の言葉

 ゴムは製品全体に対するコストパフォーマンスが低いものの、あらゆる分野で使用されている。
 しかし、残念ながら劣化し易く信頼性が低いのが最大の欠点と言われている。本セミナーは、ゴム製品のユーザー,
 製造者向けに事例を基にゴム製品のトラブルと対策について述べる。

プログラム

1)ゴムの欠点と適切な材料選択
 ①事故発生と材料選択
 ②ポリマー選択時のポイント
 ③加硫ゴム、熱可塑性エラストマーの特徴、
  特に欠点
 ④分子量とポリマーの選択
 ⑤共重合比とポリマーの選択

2)破損破壊
 ①脆性破壊
 ②延性破壊
 ③ソルベント破壊とその対策
 ④疲労破壊とその対策
 ⑤異物の存在と破損・破壊

3)光と熱の相乗効果劣化
 ①光と熱が合わさるとどうなるか
 ②熱がゴムへ与える影響
 ③光と熱と水が合わさるとどうなるか

4)水劣化
 ①成形品中の加水分解
 ②成形中のポリマーの加水分解
 ③加硫ゴムの水劣化(残留塩素)とその対策
 ④ポリマーの加水分解性
 ⑤添加剤、特に酸化防止剤の消失とその対策
 ⑥塩素による酸化とオゾンによる酸化の違い
 ⑦オゾン水によるゴムへの影響
 ⑧フッ素ゴムの温水劣化

5)金属化合物が引き起こす劣化(銅害)
 ①金属種とその影響順
 ②レドックス反応と金属害の進行メカニズム
 ③対策
 ④着色剤(顔料)などの光増感作用 
6)オゾン劣化
 ①オゾン劣化とは
 ②何故、今、オゾン劣化が多発しているか
 ③オゾン劣化メカニズム
 ④オゾン劣化の検出の仕方
 ⑤オゾン劣化と疲労劣化の違い
 ⑥オゾン劣化対策

7)接着に関するトラブル対策
 ①接着力理論
 ②接着剥離の種類
 ③接着トラブルの種類
 ④剥離トラブルを回避するための要件

8)寿命予測

9)まとめと質問