厳しい条件の信頼性試験に対応するための AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした
車載用半導体の信頼性認定ガイドライン徹底解説
~ガイドラインに準拠した試験実施の留意点・問題点,日本版規格の使い方~

案内
パンフレット
PDF印刷

車載用半導体に要求される信頼性,車載用半導体の信頼性認定ガイドライン(AEC-Q100)に準拠した試験実施の留意点と問題点,
 日本版規格のEDR-4708の使い方,車載用半導体に要求される品質システム,国際規格の動向について解説する特別セミナー!!

講師 東芝デバイス&ストレージ株式会社 品質統括責任者 瀬戸屋 孝 先生
日時

2018/12/19(水) 10:30 ~ 17:00

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 東芝デバイス&ストレージ株式会社 品質統括責任者 瀬戸屋 孝 先生
日時 2018/12/19(水) 10:30 ~ 17:00
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 内容に興味のある方、これから勉強しようという方でも可。

予備知識

 半導体製品の品質、信頼性知識

習得知識

 ・半導体信頼性認定規格の活用方法と、最新動向が習得できます。
 ・ガイドラインに準拠した試験実施の場合の留意点,問題点
 ・日本版規格の使い方

講師の言葉

 電子デバイスでは民生機器の低収益性から、高品質を要求される車載用半導体に注目が集まっています。
 車載用半導体では、民生品以上に厳しい環境条件、品質条件が要求され、認定のための信頼性試験でも
厳しい条件が要求されます。
 車載用半導体の信頼性認定ガイドラインとしては、米国ビッグ3が中心になって策定され、世界標準に
なりつつあるAEC-Q100/101があります。
 AEC-Q100は、車載用半導体集積回路を認定するための信頼性試験基準で、必要サンプル数の多さや
試験時間の長さから評価コストが膨大になるという問題があります。
 その一方で、日本発の車載認定ガイドラインとしてJEITA ED-4708が2011年に発行され、2017年7月にIECで
国際標準化(IEC 60749-43)されました。
 本セミナーでは、AEC-Q100に準拠した試験を実施する場合の留意点と、問題点について概説します。
 また、IEC化された日本版のAEC-Q100規格EDR-4708について、使い方について詳細に説明します。

プログラム

  1. 車載用半導体集積回路の動向
   1.1 車載用半導体集積回路の技術動向
    …民生品との品質、信頼性レベルの違い
  2. 車載用半導体に要求される信頼性
   2.1 加速性に基づいた必要信頼性試験条件
   …温度加速、湿度加速、電圧加速、温度差加速の考え方
   2.2 事例紹介
    …実際の加速率、信頼性レベルの計算例の紹介
  3. 半導体集積回路の認定ガイドラインの説明
   3.1 AEC-Q100の内容と考え方
    …試験の進め方、条件、問題点
   3.2 JEITA ED-4708の内容と考え方
    …品質保証の考え方、サンプル数、試験条件の考え方
   3.3 国際標準化の状況について
    …今後の車載認定規格の方向性
  4. ミッションプロファイルを用いた信頼性試験設計
    …高温保証におけるデバイスの信頼性保証の考え方
  5. 車載用半導体に要求される品質システム
    …TS16949、VDA6.3、ISO26262、LV324等の規格概説
  6. 国際規格の動向
   6.1 AQC-Q100/101、LV324等国際車載規格の動向
   6.2 国内の規格作成動向と国際規格化の動向

講師紹介

 略歴 :1983年東芝入社。以降半導体製品の品質、信頼性業務に従事。
 現在は、東芝デバイス&ストレージ株式会社 品質統括責任者、日本信頼性学会会員,日本電子部品信頼性センター(RCJ)理事、
 電子情報技術産業協会(JEITA) 信頼性技術委員会主査