EV化の流れの中で注目されている 車載用バッテリー充電器(OBC)の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例

案内
パンフレット
PDF印刷

次世代電動化自動車の棲み分け・分類,車載バッテリー充電器の市場動向,最新技術動向,
車載用フルGaNバッテリー充電器,バッテリー充電器の双方向化技術,各社のOBC開発動向について解説する特別セミナー!!

講師 名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授・博士(工学)山本 真義 先生
名古屋大学大学院 工学研究科 電気工学専攻
日時

2018/1/24(水) 13:00 ~ 17:00

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:43,200円 同時複数人数申込みの場合 1名:37,800円
講師 名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授・博士(工学)山本 真義 先生
名古屋大学大学院 工学研究科 電気工学専攻
日時 2018/1/24(水) 13:00 ~ 17:00
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:43,200円 同時複数人数申込みの場合 1名:37,800円

予備知識

 特に必要なし

習得知識

 1)次世代電動化自動車の棲み分け・分類と車載用バッテリー充電器動向
 2)車載用バッテリー充電器の最新技術動向と今後注目されるキーテクノロジー
 3)車載用フルGaNバッテリー充電器
 4)バッテリー充電器の双方向化(スマートグリッド対応充電器)技術
 5)各社のOBC開発動向

講師の言葉

 車載用電力変換器として、今後大きな市場が見込めるバッテリー充電器について解説します。
 まずは次世代電動化自動車の棲み分け、分類を行い、車載用バッテリー充電器の市場動向を予測します。
 さらにIEEE等、世界の学会における車載用バッテリー充電器に関する最新技術動向、並びに、
今後注目されるであろうキーテクノロジーについて半導体、制御、回路方式、受動素子のそれぞれの観点から
実験データを元に紹介します。
 また、SiCやGaNを適用した場合の小型軽量化の可能性について、理論と実証による解説を行います。さらに、今後、
次世代自動車は系統へ接続されることが予想されるため、バッテリー充電器の双方向化(スマートグリッド対応充電器)技術が
重要となってきます。その具体的な回路方式やそれぞれの回路の特徴等について、分類、解説していきます。

プログラム

1.車載用バッテリー充電器が脚光を浴びる理由
 1. 欧州の二酸化炭素排出量規制に伴う各社の戦略
 2. ストロング・ハイブリッド車と48V電源システム車との違い
 3. プラグイン・ハイブリッド車の機構解説
 4. プラグイン・ハイブリッド車が注目される理由
 5. 市販されているバッテリー充電器の紹介

2.車載用バッテリー充電器の基本と最新動向
 1. バッテリー充電器の回路構成
 2. PFC回路におけるワンコンバータとツーコンバータの違いと特徴
 3. バッテリー充電器の最新動向(IEEE等の国際会議における技術動向)
 4. 小型化を実現するバッテリー充電器回路手法
 5. 高効率化を実現するバッテリー充電器回路手法

3.車載用フルGaNバッテリー充電器
 1. GaN-HEMTの特徴
 2. GaN-HEMTの駆動方法
 3. 単相PFCコンバータへのGaN-FET適用事例
 4. LLC型DC-DCコンバータへのGaN-FET適用事例

4.バッテリー充電器の回路構成の戦略
 1. ブリッジ型PFCコンバータかブリッジレスPFCコンバータか?
 2. 多相化方式か結合インダクタ(トランスリンク)方式か?
 3. 位相シフトコンバータかLLCコンバータか?
 4. SiC/GaNパワー半導体の導入可能性とその予測

5.バッテリー充電器の双方向化技術
 1. バッテリー充電器の双方向化回路の基本
 2. ブリッジレスPFCコンバータにおける双方向化
 3. ブリッジ型PFCコンバータにおける双方向化
 4. キャパシタレス双方向バッテリー充電器の紹介

6.各社のOBCの開発最前線
 1. BMWのPHV用OBC
 2. メルセデスSクラス用OBC
 3. トヨタ・プリウスPHV用OBC
 4. 次世代OBCのあり方