信頼性確保に必要な プラスチック製品の不具合防止のための材料選定と設計・成形の進め方
  -射出成形品を中心に-

案内
パンフレット
PDF印刷

プラスチック材料の種類・選定の留意点,強度・寸法・外観に関する不具合の発生原因と
   防止対策についてわかりやすく解説する特別セミナー!!

講師 本間技術士事務所 所長  本間 精一 先生
 三菱プラスチックエンジニア(株) 常務取締役を経て独立,現在に至る
日時

2018/1/24(水) 10:00 ~ 16:50

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 本間技術士事務所 所長  本間 精一 先生
 三菱プラスチックエンジニア(株) 常務取締役を経て独立,現在に至る
日時 2018/1/24(水) 10:00 ~ 16:50
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

予備知識

 プラスチックに関連する業務に携っている方なら特になし

習得知識

 1)プラスチックの種類
 2)材料選定の留意点
 3)強度に関する不具合と対策
 4)寸法に関する不具合と対策
 5)外観に関する不具合と対策

講師の言葉

 プラスチックの種類としては、分子構造の異なる基本プラスチックおよび添加剤配合、充填材強化、ポリマーアロイによる改良品など
多くの材料が開発されている。 製品設計に先立って、これらの材料の中から要求性能・機能に適した材料を選定することは
不具合を防止するための第一歩である。
 しかし、製品の不具合は設計要因、成形要因、材料と使用条件の複合要因などに起因することが多いので材料を適切に
選定するだけでは十分ではない。製品の不具合には強度、寸法、外観などに関するものがあり、それぞれの不具合の発生原因を
知った上で設計・成形に反映することが重要である。
本講では、材料の種類と選定の留意点について述べたのち、プラスチック製品においてしばしば遭遇する強度、寸法、
外観に関する不具合の発生原因と防止対策について解説する。

プログラム

Ⅰ. 材料の種類と選定
1.基本プラスチックと改良品種
 1.1 基本プラスチック
 (1)結晶性プラスチックと非晶性プラスチック
 (2)汎用プラスチック、汎用エンプラ、スーパーエンプラ
 1.2 改良品種
 (1)添加剤配合による改良品
 (2)充填材強化による改良品
 (3)ポリマーアロイによる改良品
2.材料選定の留意点
 2.1 機械的強度
 2.2 耐熱性
 2.3 表面硬さ
 2.4 耐摩擦摩耗性
 2.5 耐燃性
 2.6 耐薬品性
 2.7 成形性
Ⅱ. 製品不具合の発生原因と防止対策
1.強度に関する不具合と防止対策
 1.1 成形工程における不具合
 (1)熱分解、加水分解
 (2)結晶化度
 (3)残留ひずみ
 (4)ウェルドライン
 (5)応力集中源
 1.2 使用段階における不具合
 (1)ストレスクラック
 (2)ケミカルクラック
 (3)劣化(熱劣化、加水分解、紫外線劣化)
2.寸法に関する不具合と防止対策
 2.1 成形品設計と成形収縮率ばらつき
 (1)圧力損失と成形収縮率
 (2)製品肉厚と成形収縮率
 (3)金型構造と成形収縮率
 (4)寸法精度の測定例
 2.2 成形条件と成形収縮率
 (1)非晶性プラスチックと結晶性プラスチックの成形収縮特性
 (2)成形条件と成形収縮率
 2.3 成形後の寸法変化(寸法安定性)
 (1)環境要因と寸法変動
 (2)成形後の収縮率変化
3 外観に関する不具合と防止対策
 3.1 成形時に生じる外観不良
 (1)銀条       
  (2)ジェッティング
  (3)フローマーク   
  (4)ひけ
  (5)変色       
  (6)白化 
 3.2 使用過程で生じる変色
  (1)添加剤由来の変色   
  (2)劣化による変色  
  (3)その他の変色