シール技術の基本を理解し,漏れ問題を解決するための 漏れのメカ二ズムとシールの正しい使い方およびシールトラブル対策

案内
パンフレット
PDF印刷

漏れのメカニズム,静的シールのメカニズム・使い方,動的シールのメカニズム・使い方,シールの選定,シール損傷対策事例について解説する特別セミナー!!

講師 トライボロジーアドバイザー 博士(工学)似内 昭夫 先生
  玉川大学教授を経てトライボロジーアドバイザーとして各種講演,一般技術者の技術指導に従事
日時

2017/11/29(水) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 トライボロジーアドバイザー 博士(工学)似内 昭夫 先生
  玉川大学教授を経てトライボロジーアドバイザーとして各種講演,一般技術者の技術指導に従事
日時 2017/11/29(水) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 ・機械設備の漏れに悩まされている技術者
 ・設計、開発担当者
 ・設備(保全)担当技術者

予備知識

 特にありません

習得知識

 ・シール技術の基本的な考え方が身につく
 ・実際の漏れ現象に対する考え方の道筋が理解できるようになる

講師の言葉

 機械設備には多くの流体が使用されており、あるいはパイプラインやタンク類のように流体が設備の主体である場合など、
多くの場合機械設備は流体とは切り離せない。流体を一定空間に閉じ込めておく装置を密封装置、シールという。
 密封装置は機械設備では比較的地味な存在で、機械設備の設計にあたって二次的な存在である。しかし一度シールが不完全で
漏れを発生すると、シールだけの問題ではなくなり、機械設備本体の機能低下や耐久性喪失につながる。一般の設計技術者達にも
シールの重要性を認識し、その選定や使い方には十二分な配慮をするべきであろう。
 本講座では日頃漏れの問題に悩んでいる技術者の皆さんに、シール技術の基本的な考え方を解説し、日ごろの漏れの問題解決の
糸口を与えようとするものである。

プログラム

1.  はじめに
 (1)  生産現場における漏れの実態
 (2)  漏れ管理の指標
 (3)  漏れが機器に及ぼす影響
2. シールに関連したトライボロジーの基礎
 (1)  トライボロジーとは
 (2)  摩擦摩耗の考え方
 (3)  しゅう動面におけるストライベック曲線
3. 漏れの基礎知識と漏れのメカニズム
 (1)  シール面の考え方
 (2)  漏れはどうして発生するか
 (3)  漏れ防止の考え方
 (4)  漏れ検出方法
4. シールの種類とシール用ゴム材料
 (1)  シールの種類とその分類
 (2)  シール用ゴム材料の考え方
5. 静的シールの考え方と使い方
 (1)  非金属ガスケット
 (2)  セミメタリックガスケット
 (3)  金属ガスケット
 (4)  液状ガスケット
 (5)  ガスケットにおける密封の考え方
 (6)  ガスケットの取扱方
6. 動的シールの考え方と使い方
 (1)  Oリングなどスクィーズパッキン
 (2)  オイルシールなどリップパッキン
 (3)  グランドパッキンとVパッキン
 (4)  メカニカルシール
 (5)  ドライガスシール
 (6)  磁性流体シール
 (7)  動的シールの仕様事例
7. シールシステムの実際例
 (1)  ガスケットの使用事例
 (2)  パッキンの仕様事例
8. シール選定の考え方
 (1)  ガスケット選定の考え方と選定例
 (2)  パッキン選定の考え方と選定事例
9. シールの損傷と対策事例
 (1)  ガスケットに発生した損傷とその対策事例
 (2)  パッキン委発生した損傷とその対策事例
参考1.シールの試験方法
参考2.シールに関する最近の話題

講師紹介

●略歴    
2009.3 まで玉川大学教授 その後トライボロジーアドバイザーとして各種講演、一般技術者への技術指導に当たる

●研究テーマ:   転がり疲れ,固体潤滑,シール,しゅう動材料 最近はメンテナンスの活性化を中心に活動を展開している
•学会等社会活動
所属学会   日本トライボロジー学会、日本機械学会、(日本設備管理学会:現在は退会)
*日本トライボロジー学会、日本機械学会で各種委員長、や理事などを歴任
現在 日本トライボロジー学会産学協同研究会「転がり軸受寿命研究会」主査
トライボロジー相談室 トライボロジースパーバイザーTribology Supervisor(TS) 2011~
 2017.6~一般社団法人転がり軸受検査協会非常勤理事
●著書  
単著  「入門トライボロジー  現場で役立つ潤滑技術」JIPMソリューション(2007)
監修・共著「シ-リングテクノロジー―密封・漏れの解明とトラブル対策」テクノシステム(2010)
単著 「図解はじめての機械の潤滑」科学図書出版(2011)
監修・共著「トライボロジー設計マニュアル」テクノシステム(2015)
単著 「技術者のためのトライボロジー」潤滑通信社(2015)
など