電気化学の基礎を理解し、実務に役立てるための 電気化学の基礎・解析法と応用例

案内
パンフレット
PDF印刷

電気化学の基礎、電極反応解析、インピーダンス法および各種応用事例について、平易に解説する特別セミナー!!

講師 ナノフイルム・ラボラトリ 代表 工学博士  永井 順一 先生
  旭硝子(株)中央研究所にて各種技術・製品開発を主導、その後現在に至る
日時

2017/7/5(水) 10:00 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 ナノフイルム・ラボラトリ 代表 工学博士  永井 順一 先生
  旭硝子(株)中央研究所にて各種技術・製品開発を主導、その後現在に至る
日時 2017/7/5(水) 10:00 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

予備知識

物理、化学、数学の基礎知識

習得知識

1) 電気化学とその解析法に関する基礎知識
2) 電気化学の応用分野に関する基礎知識
3) 電気化学のさらに高度な専門書を読むための基礎知識

講師の言葉

電気化学は学際的色彩が強く、初心者にはハードルが高いことが多いのですが、必要な基礎知識を平易に解説いたしますので、
自然に電気化学的世界が見えてくるでしょう。また、電気化学の応用として演者の経験した事例を解説いたしますので、
日常の業務に役立てていただければ幸いです。

プログラム

1.電気化学の基礎
電気化学とは
酸化還元反応(Redox Reaction)
電極電位の意味
Pourbaix図の理解と応用
溶液/電極界面での電極反応

2.電極反応解析の基礎
活物質の拡散とその解法スキーム
ボルタメトリの基礎
各種駆動方法(定電圧、定電流他)
薄膜電極での充放電反応(有限拡散問題)

3.インピーダンス法の基礎
直流と交流
電極反応とそのインピーダンスの関係
インピーダンスの等価回路
インピーダンスの解析事例

4.応用
銀ナノワイヤの溶解反応
ITOおよび金属酸化物の電気化学的特性
スマートウインドウへの応用
薄膜固体電池
レドックスフロー電池

 

講師紹介

1977年東京工業大学大学院修士課程修了、工学博士(東京工業大学,1988年)。
旭硝子(株)中央研究所に25年間在籍しガラスへのコーティング技術開発に従事。
電力ピークカットと視覚的快適性を実現するECスマートウインドウ、有機EL(OLED)などの開発を主導。
国際エネルギー機関(IEA)の先進的省エネ窓の国際共同研究プロジェクトに参画しエキスパートとして国際貢献。
その後、東京都立大学(現・首都大学東京)大学院客員研究員、トッキ(株)(現・キヤノントッキ(株))R&Dセンター長などを歴任し、OLED用バリア形成装置、電子ペーパー用有機半導体印刷装置、光配向膜製造装置、レーザーリペア装置等を海外メーカーと共同開発し、製品化。
2012年フリーランス・ナノテクノロジストとして独立。
2014年ナノフイルム・ラボラトリを設立し、同代表として現在に至る。
 (社)電気化学会・クロモジェニック研究会幹事。
著作:分担執筆11冊、発表論文多数。