若手技術者が良い設計をするための 加工知識と設計見積力による良い設計/悪い設計
~図面を描く前に必要な加工法の基礎知識と設計見積り力~

板金加工・樹脂加工・切削加工の基礎、図面を描く前の重要設計プロセス、加工限界データや
見積りデータに基いたコスト概算について、見積り演習を交えて設計側からわかりやすく解説する特別セミナー!!

講師 國井技術士設計事務所 所長 技術士(機械部門:機械設計/設計工学) 國井 良昌先生
  日立、富士ゼロックスで設計に従事、富士ゼロックスでは、設計プロセス改革、設計審査長等を経験後、現職
  横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師
  首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師
日時

2019/3/11(月) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 國井技術士設計事務所 所長 技術士(機械部門:機械設計/設計工学) 國井 良昌先生
  日立、富士ゼロックスで設計に従事、富士ゼロックスでは、設計プロセス改革、設計審査長等を経験後、現職
  横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師
  首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師
日時 2019/3/11(月) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

・商品設計や生産技術に配属された新人から5年程度の方
・商品設計や生産設計に異動した若手技術者
・部品調達の機械系技術者(調達部、購買部、資材部)
・企業の技術教育部門の方

習得知識

 1)使用頻度の高い加工法に注力することで、よい設計の基本を理解する。 
 2)図面を描く一歩手前に、重要な設計プロセスがあることを理解する。 
 3)門外不出の加工限界データや、同、見積りデータに基づき、自分で設計した部品のコスト概算ができる。

受講のお勧め

 「今の若手技術者は加工現場を知らない」とよく言われます。
 しかし、多くの加 工現場が海外へ移転している現在、若手技術者達は、どのように加工知識を吸収すればよいのでしょうか? 
 一方、機械設計者は「10年かけて一人前」になると言われていますが、今はそのようなのんきな時代ではありません。
「即戦力」が求められています。
 しかし、即戦力と言っても、一体何から学べば即戦力となるのか、設計の現場では意外と理解されていません。 
 以上の結果、加工不可能や組立て不可能な図面や、自分で設計した部品すら、コスト見積りができない状態にまで
落ちている場合があります。 
 そこで本セミナーでは、以下の設計ノウハウを提供します。 
 ① 使用頻度の高い加工法に注力することで、よい設計の基本を理解する。 
 ② 図面を描く一歩手前に、重要な設計プロセスがあることを理解する。 
 ③ 門外不出の加工限界データや、同、見積りデータに基づき、自分で設計した部品のコスト概算ができる。 
 従来、この類のセミナーは、加工側からの一方的な情報であったのに対し、初めて設計側から情報を発信しました。 
 そして、若手技術者を「即戦力」へと導きます。 

プログラム

第1章 総編 
1-1.設計のお客様は次工程である加工現場 
1-2.設計者は加工法の得手不得手だけ理解すればよい 
1-3.低コスト化設計の基本は公差設計だった 
1-4.見積りができれば低コスト化設計ができる   
第2章 公差計算は低コスト化設計の基本   
2-1.公差計算の方法とその落とし穴 
2-2.公差計算の演習問題で実力アップ   
第3章 板金加工編 
3-1.打ち抜き/曲げ/絞り/溶接だけ理解すればよい 
3-2.展開図の作成が低コスト設計の基本だった 
3-3.設計ポイントは、せん断/引っ張り/圧縮だけ 
3-4.各種加工法の加工限界を知る 
3-5.部品コスト/型費の見積り方法 
3-6.見積り演習で実力アップ   
第4章 樹脂加工編 
4-1.射出成形だけ理解すればよい 
4-2.板金でできない部品を樹脂化するのがコツ 
4-3.設計ポイントは、熱/流動/型開閉だけ 
4-4.各種加工法の加工限界を知る 
4-5.部品コスト/型費の見積り方法 
4-6.見積り演習で実力アップ  
第5章 切削加工編 
5-1.研削/フライス/旋盤だけ理解すればよい 
5-2.樹脂化できない部品を切削するのがコツ 
5-3.設計ポイントは、熱/変形/応力だけ 
5-4.各種の加工法の加工限界を知る 
5-5.部品コストの見積り方法 
5-6.見積り演習で実力アップ

講師紹介

 1978 年、横浜国立大学・工学部・機械工学科卒。
 日立、及び、富士ゼロックスの高速レーザープリンタの設計に従事。
 富士ゼロックスでは、設計プロセス改革や設計審査長も務めた。
 1999年より、國井技術士設計事務所として、設計コンサルタント、セミナー講師、大学非常勤講師として活躍中。
 
 公益社団法人)日本技術士会
 ・機械部会 ・技術士(機械部門:機械設計/設計工学) 
 ・横浜国立大学 大学院工学研究院 非常勤講師
  ・首都大学東京 大学院理工学研究科 非常勤講師 
  ・山梨県工業技術センター・客員研究員
  ・高度職業能力開発促進センター運営協議会 専門部会委員