結晶粒子群を上手に創るための 結晶化のメカニズムを理解した上で実践する
晶析プロセスでの品質測定・制御から連続フロー製造・スケールアップまで

案内
パンフレット
PDF印刷

結晶化現象の解析方法,品質の実践的な測定法,品質の作り込み戦略,連続フロー製造,結晶化の制御,
   晶析操作の工夫,最新技術トレンドについてわかりやすく解説する特別セミナー!!

講師 東京農工大学 大学院工学研究院 応用化学部門 化学システム工学科 教授 博士(工学) 滝山 博志 先生
  化学工学会 材料界面部会 晶析技術分科会代表
日時

2018/11/30(金) 10:00 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 東京農工大学 大学院工学研究院 応用化学部門 化学システム工学科 教授 博士(工学) 滝山 博志 先生
  化学工学会 材料界面部会 晶析技術分科会代表
日時 2018/11/30(金) 10:00 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 (消費税等込み)1名:48,600円 同一セミナー同一企業同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 結晶性物質を取り扱う化成品製造業種(医薬、新素材、食品、電子材料)
 初心者から研究技術者までを網羅します。

予備知識

 特になし

習得知識

 1)再沈・再結晶でのトラブル回避の実践的手法
 2)連続フロー製造の最新動向
 3)連続フロー製造が注目されるその理由
 4)結晶純度、結晶形態、結晶多形、粒径分布改善法のコツ
 5)結晶品質制御の戦略
 6)DSC、XRD、測定データの実践的活用法
 7)回分冷却晶析、非(貧)溶媒添加晶析、反応晶析法のコツ
 8)オイルアウト現象の理解と回避のコツ
 9)スケールアップのための第1選択

講師の言葉

  最近、固体粒子群を取り扱う分野で、結晶化のメカニズムの正確な理解や、連 続フロー製造に注目が
集まっています。 
 結晶を取り扱う分野は、精密化成品や医薬品のみならず、機能性材料やスマートマテリアル関連素材など
多岐にわたって おり、今まで以上の高効率生産でしかも高度な品質制御技術が必要とされていることが背景です。
 「再沈」「晶出」「沈殿」や「再結晶」と呼ばれる操作を行う際、その操作の少しの違いが、なぜ結晶品質に
影響を与え、生産性にも大きく影響するのかを正確に理解しておくことが大切です。純度、粒径分布、形状、
多形などの結晶性物質の品質を作り込む操作が「晶析技術」と呼ばれていますが、このセミナーでは、結晶
粒子群を上手く創るための、結晶化現象の解析方法、品質の実践的な測定法、品質の作り込み戦略までを、
最近注目されている連続フロー製造までを網羅しながら、メカニズムとともに分かり易く解説します。
 結晶化現象の本質をズバリ解説し、どうすれば結晶化を制御でき、晶析操作を工夫できるのかについて、
最新の技術トレンドにも触れながら講義します。 
 普段合成を専門に研究している研究技術者には精製・分離操作の「コツ」を、そして普段から晶析に
携わっている研究技術者には晶析操作の「戦略」をレクチャーし ます。

プログラム

1.合成技術と晶析操作との接点
  -沈殿・再結晶と連続フロー製造との接点を探る-
 1-1.結晶化で遭遇するトラブル事例
 1-2.沈殿・再結晶と晶析テクノロジーとの接点
 1-3.精製+結晶粒子群=晶析の本質
 1-4.今なぜ連続フロー製造なのか
2.結晶化のメカニズムとその速度論
  -実践で役立つ結晶化現象を理解する-
 2-1.晶析操作の本質をしっかり理解する
  ー冷却、濃縮、pH制御、反応晶析の共通項ー
 2-2.結晶化の推進力と固液平衡
 2-3.核発生速度と成長速度論
 2-4.演習で理解する晶析現象
3.今すぐ役立つ結晶品質の測定法
  -マニュアルにない実践的使い方とコツ-
 3-1.マニュアルには載っていない熱分析データを読み取るコツ
  3-1-1.DSC(示差走査熱量計)でわかること
  3-1-2.DSC測定データの解釈とその応用
 3-2.マニュアルには載っていないX線分析データを読み取るコツ
  3-2-1.XRD(粉末X線回折)測定データの意味
  3-2-2.XRD測定データと結晶形態・結晶子径との関連性
4.スケールアップで役立つ結晶品質の実践的制御法
  -結晶品質に関わる具体的問題解決アプローチを理解する-
 4-1.結晶品質を安定させたい(結晶多形制御)
  4-1-1.結晶多形に及ぼす操作因子とは
  4-1-2.結晶多形制御の戦略
 4-2.結晶の形を変えたい(結晶形態制御)
  4-2-1.結晶形態に及ぼす操作因子とは
  4-2-2.結晶形態制御の戦略
 4-3.粒径分布を改善したい(CSD)
 4-4.結晶純度を改善したい(純度制御)
 4-5.オイルアウトを回避したい
 4-6.連続フロー製造を成功させるキーテクノロジー
  4-6-1.連続晶析装置の考え方
  4-6-2.連続フロー製造への展開
 4-7.演習で理解する結晶品質の制御
5.結晶品質改善のための晶析操作設計法の戦略と実践
 -具体的品質作り込みポイント-
 5-1.晶析操作設計の留意点
   -冷却晶析や非(貧)溶媒添加法-
 5-2.反応を伴う晶析操作の実際
 5-3.晶析と撹拌との関係
 5-4.スケールアップで考慮すべき項目
 5-5.連続フロー晶析に関わる最近トレンド
6.最新トピックス紹介
  -最先端研究の一部から品質制御のヒントを読み取る-
 6-1.回分から連続フロー製造への展開
 6-2.オンラインセンサー利用技術
7.まとめ

講師紹介

 平成 4年3月 東京工業大学 総合理工学研究科 修了 博士(工学)
 平成14年8月 東京農工大学 工学部 化学システム工学科 助教授
 平成23年4月 東京農工大学 大学院 工学研究院 教授

 平成21年度-現在 日本海水学会 総務理事
 平成20年度-現在 化学工学会材料界面部会幹事
 平成26-27年度 分離技術会編集委員長
 平成27年度-現在 分離技術会企画委員長
 平成27年度-現在 晶析技術分科会代表