プロジェクトを成功させるための 化学プロセスにおけるスケールアップとコスト試算および事業採算性検討

プロジェクトマネジメントの概要と重要性,スケールアップのポイント,研究初期段階の簡易的製造コスト試算,
 設備投資計画段階の事業採算性検討,投資意思決定,リスクマネジメントについて事例を交えて解説する特別セミナー!!

講師 株式会社KRI 執行役員 環境化学プロセス研究部長 阪井 敦 先生
  米国プロフェッショナル・エンジニア
  米国プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル
  上席化学工学技士資格取得
日時

2018/11/14(水) 10:00 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 株式会社KRI 執行役員 環境化学プロセス研究部長 阪井 敦 先生
  米国プロフェッショナル・エンジニア
  米国プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル
  上席化学工学技士資格取得
日時 2018/11/14(水) 10:00 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 広い意味で化学を扱う企業であれば特に制限はない
 研究開発部門、生産技術部門、生産部門、技術営業部門など
 コスト計算や研究開発する人およびそれらの管理者

予備知識

 とくに必要ない

習得知識

 1.プロジェクトの概要と重要性の認識
 2.スケールアップの難しさと重要性
 3.開発ステージにマッチしたフィジビリティ検討
 4.製造コスト計算と事業採算性検討
 5.投資意思決定の考え方

講師の言葉

 まず、オペレーションとの対比で、プロジェクト・マネジメントの概念と重要性を説明する。
 次に、スケールアップについてと、その難しさと重要性について、実例を踏まえながら解説する。
 研究の初期段階においては、非常に簡易的な製造コストの試算について述べ、研究開発が進行して設備投資を
計画する段階においては、ディスカウント・キャッシュ・フロー法(DCF法)を用いた事業採算性検討と投資意思
決定について述べる。
 最後に、リスクの考え方について触れ、そのリスク影響度を把握するための感度分析について述べる。

プログラム

1.プロジェクトで業務を考える
 1-1 プロジェクトとオペレーションの違い
 1-2 プロジェクトマネジメントとは
 1-3 プロジェクトのコストマネジメント(EVM)

2.実用化への第一歩スケールアップの考え方
 2-1 化学者の視点(プロダクト)と化学工学者の視点(プロセス)
 2-2 スケールアップの難しさ
 2-3 連続プロセスとバッチプロセスのスケールアップ
 2-4 実験室と実設備の違い
 2-5 スケールアップのためのデータ取得
 2.6 モデル化

3.コストは1つではない 
 3-1 コスト構成
 3-2 色々なコストの考え方
 3-3 原価計算の目的

4.開発ステージにマッチしたコスト試算 
 4-1 研究開発段階における超概略コスト試算
 4-2 開発試作段階におけるコスト試算
  4-2-1 物質収支と変動費の推算
  4-2-2 設備投資額の概算
  4-2-3 製造コストの概算

5.事業採算性検討と投資意思決定 
 5-1 事業採算性検討に必要な値
 5-2 ディスカウント・キャッシュ・フロー(DCF)法による計算
 5-3 投資採算性検討の境界の考え方
 5-4 リスクマネジメント
 5-5 感度分析
 5.6 投資判断

講師紹介

【主な略歴】
1984年3月 京都工芸繊維大学修士課程修了
1984年4月 某中堅化学会社に入社
1999年4月 株式会社KRIに入社
2001年7月 米国プロフェッショナル・エンジニア資格取得
2005年10月 米国プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル資格取得
2015年12月 上席化学工学技士資格取得

【主な研究・業務】
1984年~1999年 某中堅化学会社にて以下の業務に従事
  (1)化学プラントのプロセス設計・計装設計
  (2)化学プラント投資案件の事業採算性検討
  (3)化学プラントの生産技術開発
  (4)化学プラント建設のプロジェクト・マネジメント
1999年~現在 株式会社KRIにて以下の業務に従事
  (1)化学・環境・エネルギー関係の研究開発
  (2)化学・環境・エネルギー関係の研究開発マネジメント

【業界での関連活動】
公益社団法人化学工学会員
NPO法人 日本プロフェッショナルエンジニア協会(JSPE) 理事
米国プロジェクトマネジメント協会会員