官能評価を適切に行うための 食品の官能評価の事例と上手な進め方およびパネルの選定・育成方法
 ~ 品質管理系と商品開発系の事例を交えて ~

案内
パンフレット
PDF印刷

官能評価の基本,パネルの選定・育成,官能評価のすすめ方,
 分析型官能評価の手法,評価データの解析手法,嗜好型官能評価について解説する特別セミナー!!

講師 跡部技術士事務所(食品開発コンサルタント) 代表 
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 研究開発本部 技術顧問 
     技術士(農業部門、総合技術監理部門) 跡部 昌彦 先生
     公益社団法人日本技術士会 登録グループ 食品技術士センター 副会長
日時

2018/6/6(水) 10:00 ~ 16:30

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 跡部技術士事務所(食品開発コンサルタント) 代表 
ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 研究開発本部 技術顧問 
     技術士(農業部門、総合技術監理部門) 跡部 昌彦 先生
     公益社団法人日本技術士会 登録グループ 食品技術士センター 副会長
日時 2018/6/6(水) 10:00 ~ 16:30
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 官能評価はどの業界でも使われる技術ですが、食品分野(味、香り)を事例にお話いたします。
 研究開発、商品企画、商品開発、品質管理などの部署で、官能評価の経験が浅い方、これから官能評価に
 取り組まれる予定の方などに向けた基礎的な内容です。

予備知識

 基礎からお話しますので、官能評価の知識がなくてもかまいません。

習得知識

 官能評価の体系的な知識、官能評価の手法や具体的な進め方などが身に付きます。
 1)官能評価の基本
 2)パネルの選定・育成
 3)分析型官能評価手法(識別評価,定量化・尺度法,特性プロファイル法)
 4)官能評価データの解析手法

講師の言葉

 機器分析と比べた官能評価とメリットとして、「機器が不要で簡便・迅速に実施できる」と言われています。
 一般論としては正しいのですが、そんなに簡単なものではありません。一方、デメリットとしては「個人差が大きい」、
「客観性に乏しい」、「再現性に乏しい」と言われています。これも一般論としては正しいのですが、
官能評価を理解して実践すれば解決できます。
 官能評価は、特段の勉強をしなくとも、誰でも簡単にできると思われがちですが、信頼性のあるデータを出すためには、
それなりの勉強が必要で、先人たちの官能評価事例からも学ぶ必要があります。私は「官能評価は高度な専門技術」と考えています。
 本セミナーでは食品分野(味、香り)での評価事例を盛り込みながら、官能評価の基本をお話させていただきます。
 お話できる内容は限られますが、聞いていただく中から、それぞれのお立場で、どう使えそうかを考えていただければと思います。

プログラム

1.官能評価の基本
 1-1 官能評価
 1-2 分析型官能評価と嗜好型官能評価
 1-3 分析型官能評価で大切なこと
2.分析型官能評価の流れ
 2-1 官能評価の目的の手順
 2-2 官能評価の目的の明確化
 2-3 官能評価の進め方のポイント
3.分析型官能評価パネルの選定・育成
 3-1 官能能力試験によるパネルの選抜
 3-2 官能評価パネルの区分け
 3-3 官能評価パネルに必要な要件
 3-4 官能能力試験合格後の育成
 3-5 官能能力パネルの維持・管理
 3-6 社外パネルと社内パネル
 3-7 小規模事業所において
4.分析型官能評価の実施ルール
 4-1 官能評価パネルの選定
 4-2 官能評価法の選定
 4-3 官能評価試料の調整
 4-4 官能評価日時の設定
 4-5 官能評価に及ぼす心理理的影響
 4-6 試料の提示技法
5.官能評価の環境
 5-1 官能評価室
6.分析型官能評価の手法「識別評価」
 6-1 2点識別試験
 6-2 3点識別試験
 6-3 1対2点識別試験
 6-4 その他の識別試験
 6-5 評価事例
7.分析型官能評価の手法 「定量化・尺度法」
 7-1 定量化・尺度法
 7-2 評価事例
8.分析型官能評価の手法 「特性プロファイル法」
 8-1 特性プロファイル法
 8-2 官能評価用語
 8-3 QDA法
 8-4 新しい官能評価法
 8-5 官能評価ソフト
 8-6 評価事例
9.共感覚
 9-1 共感覚
10.官能評価データの解析手法の紹介
 10-1 統計解析の基礎
 10-2 解析手法の紹介
 10-3 統計解析ソフト
11.異臭検出
 11-1 異臭とオフフレーバー
 11-2 異臭識別試験
 11-3 評価事例
12.嗜好型官能評価
 12-1 嗜好型官能評価の進め方
 12-2 アンケート調査
13.官能評価の裏付け
 13-1 官能評価の裏付けとは
 13-2 機器分析
 13-3 生体計測

講師紹介

1959年 : 名古屋大学農学部食品工業化学科を卒業
 同年 : ポッカレモン㈱に入社 (その後、㈱ポッカコーポレーションに社名変更)
 以降、清涼飲料水や粉末食品、調理済食品、健康食品などの商品開発、食品素材開発、食品加工技術、
    食品機能研究、感性科学研究のほか、研究開発マネジメント業務を担当
2009年 : 味の科学研究所 所長
2013年 : 会社統合で、ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱となり、引き続き、研究開発本部味の科学研究所 所長
2015年 : 研究開発本部 シニアマネージャー
2016年 : ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱を定年退職
2017年 : ポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱ 研究開発本部 技術顧問
     跡部技術士事務所(食品開発コンサルタント)を開業

公益社団法人日本技術士会 会員
一般社団法人日本官能評価学会 会員
包装食品技術協会 事業推進委員