製品が強度的にOKかNGかの判断を素早く行うための 応力集中部からの破壊を防ぐ簡単な検討方法

案内
パンフレット
PDF印刷

応力集中係数αの把握方法,応力が増えるか減るかの判断方法,αが強度低下に及ぼす影響,
 強度的にOKか否かの判断方法,安全率の合理的な設定方法について解説する特別セミナー!!

講師 TMEC技術士事務所 所長 技術士CPD認定会員(機械部門)  遠田 治正 先生
  三菱電機(株)にて研究・開発・設計・技術教育に従事の後,現職
  著書:「強度検討のミスをなくすCAEのための材料力学」(日刊工業新聞社)
日時

2018/3/16(金) 10:30 ~ 17:20

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 TMEC技術士事務所 所長 技術士CPD認定会員(機械部門)  遠田 治正 先生
  三菱電機(株)にて研究・開発・設計・技術教育に従事の後,現職
  著書:「強度検討のミスをなくすCAEのための材料力学」(日刊工業新聞社)
日時 2018/3/16(金) 10:30 ~ 17:20
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 ・機械装置メーカー・機械部品メーカーなどの設計者。
 ・設計経験が長い設計者、または、強度評価で困ったことのある設計者には最適。
 ・機械工学が専門でない設計者にとって非常に効率よく必要なことが学べる講座

予備知識

 力、モーメント、応力、変位、ひずみ、弾性係数の各量の定義と単位が理解でき、一様断面棒を引張ったときの応力とひずみの計算ができること。

習得知識

 1.強度検討に必要な材料力学の知識を効率良く修得することができる。
 2.応力集中部の強度の確保の仕方がわかるようになる。
 3.形状の変更に伴う発生応力の増減が把握できるようになる。
 4.CAEを使わなくても、強度検討ができるようになる。

講師の言葉

  CAEの普及に伴って,設計の初期段階から時間をかけた詳細な応力解析が行われるようになってきました。 しかし,CAEの
利用によって部品の破壊のトラブルが減少しているかといえば,逆に増えつつあると言っても過言ではありません。
 その原因の多くは,CAEに頼り過ぎたために,CAE利用の前に行うべき簡単な検討を省略してしまったことにあります。
 設計において重要なのは,詳細な検討に先立ち,製品が”壊れそうか,壊れそうでないか”を素早く判断することです。
 そして壊れそうな部分はより入念に検討・対策を行いますが,壊れそうもないならそれ以上の検討の必要はなく,時間を
有効活用できます。
 このような判断や検討には,一般に高度な材料力学の技術やCAEを利用した解析が必要と言われていますが,実際には
ごく簡単な知識があれば設計の初期段階で行うことができ,CAEなどは必要がないことも多いのです。
 本セミナーでは,破壊が発生しやすい応力集中部に注目し,CAE解析を行うことなく,応力集中係数αが把握できる方法,
形状変化に伴って応力が増えるか減るかの判断方法,αが強度低下に及ぼす影響などについて紹介し,装置が強度的にOKか
NGかの判断が素早く行うための材料力学ついて紹介します。
 また,安全率についても,国際的に推奨されている合理的な設定方法について紹介します。
 応力集中部の適切な強度評価方法を身につけて,無駄のない強度設計を目指しましょう。 
 機械工学が専門でない設計者の方にとっても,非常に効率良く必要な事が学べる材料力学の講座です。

プログラム

第1章 材料力学と強度設計の考え方
 1.1 設計と材料力学
 1.2 強度設計の考え方
 1.3 強度の評価に影響を及ぼす因子
 ① 発生応力(基準応力) ② 強度低下率
 ③ 強度の限界値    ④ 安全率

第2章 破壊現象と強度
 2.1 いろいろな破壊現象
 2.2 破壊の指標…強度の限界値
 2.3 強度の限界値の入手方法

第3章 応力とひずみ
 3.1 応力…垂直応力とせん断応力
 3.2 計算しなくてもわかる応力
 3.3 ひずみとポアソン比
 3.4 フックの法則
 3.5 応力の簡単な計算式
 3.6 公称応力と基準応力
 3.7 簡単な式でもかなりの評価ができる!

第4章 強度評価に役立つ知識
 4.1 サン・ブナンの原理
 4.2 力の流線

第5章 主応力と相当応力
 5.1 主応力
 5.2 相当応力
 ① フォン・ミーゼスの相当応力
 ② トレスカの相当応力
 5.3 主応力と相当応力の使い分け

第6章 応力集中と応力集中係数α
 6.1 応力集中の発生要因と特異点
 6.2 応力集中と力の流線の関係
 6.3 応力集中と応力集中係数αの定義
 6.4 基準応力を計算する断面の選び方
 6.5 応力集中係数αの上限値の見積り方

第7章 応力集中が強度低下に及ぼす影響と切欠係数β
 7.1 最弱断面の場所と発生応力
 7.2 寸法効果について
 7.3 切欠係数βの定義
 7.4 切欠係数βと応力集中係数αの関係
 7.5 特異点での強度の把握の仕方
 7.6 リブの付け根にはどんなRが必要か

第8章 安全率
 8.1 安全率の定め方
 8.2 安全率の影響因子
 8.3 アンウィンの安全率~100年前の遺物

付録
Ⅰ 強度の限界値と変動係数の入手方法・推定方法
 Ⅰ.1 静的強さ
 Ⅰ.2 疲労強度(疲れ強さ)
  (1)疲労限度  (2)S-N線図
 Ⅰ.3 樹脂の疲労強度
Ⅱ 耐力の定義の0.2%塑性ひずみの根拠
Ⅲ 設計時に発生応力を耐力以下に押える意味は?
Ⅳ 材料力学の基本的な用語

講師紹介

略歴
1974年	東京大学 工学部 精密機械工学科 卒業
1974年	三菱電機株式会社 入社
    大型発電機の構造強度に関する研究に従事
1985年	フランス留学、クリープの研究に従事
1987年	大型天体望遠鏡「すばる」の開発に従事
1990年	社内3次元CAD・CAEの利用普及活動に従事
1994年	三菱電機グループ内機械技術者教育に専従
2008年	技術士(機械部門)取得
2010年	三菱電機を定年退職、TMEC技術士事務所設立

著作(最近6年間)
2011年1月「製品設計を変えるCAE活用術」
      雑誌「機械設計 総論」日刊工業新聞社 
2012年3月「壊れない機器を設計する簡単メソッド-実践材料力学 初級編」
      雑誌「機械設計 特集」日刊工業新聞社
2013年5月「CAEを正しく使いこなす有限要素法の基礎」
      雑誌「機械設計 特集」日刊工業新聞社
2014年7月「壊れない機器を設計する簡単メソッド
     -実践材料力学 中級編 応力集中を制する!」
      雑誌「機械設計 特集」日刊工業新聞社
2015年3月	「強度検討のミスをなくすCAEのための材料力学」

著書 日刊工業新聞社
2015年4月「CAEと設計者-設計者CAEの推進を妨げる5つの勘違い」
      雑誌「機械設計 特集」日刊工業新聞社
2016年3月「メカ屋の生活:学校では教えてくれない!機械設計の勘どころ」
     「日本機械学会誌,Vol.119,No.1168 メカライフ特集」
2016年4月「育成担当者に贈る ワンポイントアドバイス」
      雑誌「機械設計 Column」日刊工業新聞社

所属学会・協会	日本技術士会、 日本機械学会

非常勤講師 大阪市立大学工学部(1996~1999)、
      東京大学大学院工学系研究科(2000~2001)
      大阪大学工学部(2007~2009)