固液分離を円滑に行うための 固液分離技術の基礎と操作のノウハウ
~沈降・浮上・遠心分離,凝集,ろ過・膜濾過,圧搾等のポイント~

案内
パンフレット
PDF印刷

固液分離の根幹の沈降,ろ過を中心に遠心分離や圧搾を含め
各操作のメカニズム,試験,評価,装置の設計・選定,スケールアップについて解説する特別セミナー!!

講師 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 分子化学工学分野
             准教授・博士(工学) 向井 康人 先生
日時

2018/2/14(水) 10:20 ~ 16:50

会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円
講師 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 分子化学工学分野
             准教授・博士(工学) 向井 康人 先生
日時 2018/2/14(水) 10:20 ~ 16:50
会場

連合会館 (東京・お茶の水)

会場案内
受講料 1名:48,600円 同時複数人数申込みの場合 1名:43,200円

受講対象

 これから固液分離の仕事に携わろうとしている方から、現在固液分離の仕事を専門に行っている研究・
 開発・生産・品質保証部門の技術スタッフの方まで。初心者も歓迎します。

予備知識

 特になくても大丈夫です

習得知識

 固液分離技術に関する基礎的な原理・理論,実験方法,データ整理及び評価方法,設計・スケールアップに関する知識,
 応用分野及び適用事例 など

講師の言葉

 固液分離は、沈降・浮上分離、凝集、濾過、遠心分離、圧搾、膜分離などさまざまな単位操作から成り、
各種産業において、コストを支配する基幹の技術として重要な役割を果たしています。
 本講座では、これら一連の固液分離技術について、本格的に学んでいない方にも理解できるよう
基礎的事項に重点を置いて平易に解説します。
 講座内容は固液分離操作の根幹を成す沈降と濾過を中心に展開し、その他遠心分離や圧搾も含め、
各操作の基本原理とメカニズム、試験方法、基礎理論とこれに基づく評価方法、実際の装置などを紹介します。
 本講座は固液分離に関する基礎の習得はもとより、装置の設計や選定、スケールアップを図る上で
有益な知見の習得にもつながるので、これから固液分離に従事される新入社員の方や固液分離を専門に
扱ってこられた技術者の方など、関連分野の皆様方にご来聴いただきたいと思います。

プログラム

I.はじめに
 1.固液分離技術の種類と特徴
 2.固液分離技術の適用分野
II.沈降・凝集
 1.沈降の種類
 2.沈降の基礎理論
  a.単一粒子の沈降
  b.粒子群の沈降
 3.界面の沈降
  a.回分沈降試験方法
  b.沈降過程の評価方法
 4.凝集操作
  a.凝集のメカニズム
  b.凝集現象とDLVO理論
  c.凝集剤の種類と特徴
  d.凝集試験方法
III.濾過・膜濾過
 1.ケーク濾過
  a.濾過の種類と特徴
  b.ケーク濾過のメカニズム
  c.定圧濾過理論
  d.定速濾過理論
  e.濾過試験および解析方法
  f.濾過ケーク層の評価方法
  g.沈降や閉塞を伴うケーク濾過
 2.閉塞濾過
  a.閉塞濾過のメカニズム
  b.閉塞濾過モデル
  c.閉塞濾過の評価方法
 3.膜濾過
  a.膜の種類と分離性能
  b.膜の性能評価方法
  c.コロイドの膜濾過特性
 4.ダイナミック濾過と助剤濾過
  a.ダイナミック濾過のメカニズム
  b.クロスフロー濾過
  c.回転型及び振動型ダイナミック濾過
  d.周期逆洗型濾過
  e.濾過助剤を利用した濾過
IV.その他の固液分離技術
 1.遠心分離
  a.遠心分離の原理と分類
  b.遠心沈降操作
  c.遠心濾過・脱水操作
 2.圧搾・脱水
  a.圧搾・脱水の原理と装置
  b.圧搾・脱水過程の評価
 3.浮上分離
  a.浮上分離の原理と分類
  b.浮上分離装置
V.固液分離技術の適用
 1.固液分離装置の分類と選定
 2.固液分離技術の応用事例
  a.水処理分野への応用
  b.食品・醸造分野への応用
VI.おわりに

講師紹介

略歴
1993年3月 名古屋大学 工学部 化学工学科 卒業
1995年3月 名古屋大学 大学院工学研究科 化学工学専攻 博士課程前期課程 修了
1998年3月 名古屋大学 大学院工学研究科 分子化学工学専攻 博士課程後期課程 修了 
  同   博士(工学)取得
1998年4月 名古屋大学 大学院工学研究科 分子化学工学専攻 助手
2002年1月 名古屋大学 大学院工学研究科 分子化学工学専攻 講師
2005年3月 名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 助教授
      (2007年4月より准教授に呼称変更)

著作
世界濾過工学会日本会編「濾過工学ハンドブック」,丸善(分担執筆)
分離技術会編「分離技術ハンドブック」,分離技術会(分担執筆)
「濾過プロセスの最適選定と効率改善」,情報機構(分担執筆)
「ナノファイバー実用化技術と用途展開の最前線」,シーエムシー出版(分担執筆)
「粉・粒体の構造制御,表面処理とプロセス設計」,技術情報協会(分担執筆)
「低コスト・ハイパフォーマンス技術による水処理革命」,コロナ社(分担執筆)
「濾過スケールアップの正しい進め方と成功事例集」,技術情報協会(分担執筆)
                           など

所属学会・協会
化学工学会,世界濾過工学会,日本水環境学会,粉体工学会,分離技術会

役職・活動状況
世界濾過工学会日本会 役員
化学工学会東海支部 常任幹事
分離技術会 東海地区幹事